東京中野書房

元書店員で本の虫がおすすめの一冊を紹介。

受験生や大人の学び直しに!独学法のおすすめ本6冊!

f:id:kumakuma30:20200529090809j:plain

 おはようございます!今回は独学の方法を説いた本の紹介です。

社会に出てから独学で学びなおしたい人はもちろん、受験生の方も自習する時間は結構長いと思います。

しかし闇雲に自己流でやってもなかなか伸びない、そもそも何をすればいいかわからない、という人も多いと思います。

そこで今回は、有効な独学の方法を書いた本たちをまとめてみました。

 

目次

 

1.独学勉強法

通信制大学から東大教授になった著者が書く勉強法。

どちらかというと、受験に合格したり知識を増やすような勉強法ではなく、自分なりに問いを持って答えを出すための「普遍的な勉強法」を書いたものです。

「いきなり勉強してはいけない。まず、正しい学び方を身につけよう」

というフレーズの通り、答えのない問題にも闇雲に取り組むのではなく、すごく建設的なアプローチがあるんだなぁ、という事を教えてくれる一冊です。

 

2.「超」独学法

「AI時代の働き方」というタイトルですが、エンジニアやプログラマーになるための勉強法ではありません。AI時代になって人々の働き方が変わるとした上で「独学」の必要性を説いています。

勉強法としてはむしろ普遍的でオーソドックスなものです。どうすれば独学でもしっかりした知識やスキルが身につくのか、という本。一人で孤独に勉強する事がある人にとっては、本当に心強い一冊になると思います。

 

3.究極の独学術

裁判官から学者、作家という経歴を持つ著者が書いた本。

本だけでなく映画や音楽などから膨大なインプットをしてきた著者が、独学の手法として確立したノウハウを紹介しています。

内容としては普遍的なものが多いと思います。改めてリベラルアーツの重要性を理解できる本です。

 

4.超効率勉強法

 勉強を効率化するためのメソッドが詰まった一冊。どれもが実用的で、科学的エビデンスがあり、非常に参考になります。

受験生や資格を取りたい人にすごくオススメです。こちらの内容を読んで実践するだけで、確かに勉強の効率は飛躍的に上昇すると思います。

DaiGoさんはyoutubeなどでも勉強法や生活の質を上げるための習慣を紹介していますが、ものすごい量の論文や本を読み込んでいるのがわかります。やはりそういう方が書いた本なので、説得力があるんですね。

 

5.独学の技法

MBAを取らずに独学で外資系コンサルになったという著者の本。

「知的戦闘力を高める」と書いていますが、まさにビジネスの場などで使える、実践的な知識の身につけ方、使い方が書いています。

まさに知識をうまく使いこなし、有効な意思決定をするビジネスマンはこういう事を考えているんだなぁ、というのがわかります。すごくオススメな一冊です。

 

6.最強の独学術

こちらも受験生や資格取得などにオススメな一冊です。

「繰り返し学習する事が重要」「知識はアウトプットもすべき」など、書いている事はあまり目新しさはないかも知れません。

しかし具体的で、非常に方向性がハッキリしている。勉強する前にまずこの本を読み、基本を固めるのは良いと思います。

 

 ・まとめ

 以上、おすすめの独学法の本を紹介させていただきました!

やはりこうして紹介して思ったのは、単に受験や資格試験に受かることを目的とした本もありますが、そうではなく思考法も交えて紹介している本が多いということです。

知識はまずインプットするものではなく「アウトプットありき」という考え方がありますが、まさにそうなのだと思いました。学ぶ事は考えることや、実践で知識を使うこととセットなのだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!何かしらこの記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 管理職は読んでないとヤバい、マネジメントのおすすめ本10冊!

f:id:kumakuma30:20200524175617j:plain

 おはようございます!今回は管理職や経営者の方には絶対に読んでおいてほしい、マネジメントの本を紹介したいなと思います。

やはり本を読むとすぐわかりますが、マネジメントはすごく奥深いです。なんとなく管理職をやっていると、よくないマネジメントで部下を潰してしまったり、力を発揮できない状況に追い込んでしまう事があります。

そこでやはり責任ある立場の人達は、これらの本を是非とも読んで役立てていただきたいなと思います。

 

1.マネジメント 基本と原則

言わずと知れたドラッカーの名著。マネジメントの基本がこれでもかというほど詰め込まれています。

とにかくマネジメントを学ぶ上でこの一冊を熟読してほしいと思います。

難解な部分もたくさんあるので、解説書などと一緒に読み勧めてみるのも理解が深まるかも知れません。

 

2.プロフェッショナルの条件

こちらもドラッカーの著作。マネジメントに限らず、仕事論全体を書いた本です。

こちらもやはり人の上に立つならば絶対に読んでおいてほしい内容が詰まっていますね。

非常に読みやすいドラッカーの入門書的な本でもあります。いきなり「マネジメント」を読むのはハードルが高い、と思った人にもオススメです。

 

3.自分の頭で考えて動く部下の育て方

肩の荷が抜けるような、とにかく緩くてわかりやすいマネジメントの本。

しかし内容はすごく実践に基づいてて、有効なのがわかります。

あまり根を詰めずに、ゆるりとマネジメントを学んでいきたい人にはすごくオススメな一冊です。

 

4.ティール組織

マネジメントというよりも組織論の一冊ですが、とにかくマネジメントにも為になるのでオススメ。

すごい組織の作り方があったものだなぁ、と関心させられます。マッキンゼーで10年以上にわたり組織変革プロジェクトに携わった著者が書いてるので、為にならないわけがないですよね。

途中から瞑想などのちょっとスピリチュアルっぽい内容が入ってきますが、きちんと行動心理学に基づいているので胡散臭くはないです。

 

5.最高の結果を出すKPIマネジメント

KPIマネジメントを基礎から学べる素晴らしい一冊。

KPIマネジメントを一言で表現するのは難しいのですが、とにかく組織を成功に導くための必要なノウハウが詰まっています。

本来はすごく複雑なものだと思うのですが、この本はそれを非常にわかりやすく、細かく説明してくれています。是非ともマネジメントの本では読んでいただきたい一冊。

 

6.最軽量のマネジメント

あのサイボウズの取締役が書いたマネジメントの本。サイボウズは「働き方改革」が叫ばれるずっと前から、いろんな働き方を模索しています。

この本の趣旨は、上と下の板挟みになっている中間管理職、マネージャーの負担がもっとも大きいとして、どうすればマネージャーの仕事を減らせるのか、という本です。

サイボーズという会社の成り立ちなどにも触れられていて、是非とも興味がある方には読んでいただきたい一冊です。

 

7.すごい共感マネジメント

すごく実践的な一冊。筆者が実際にマネジメントをする中で、いろんな事を考えて実践して、この本に体系化していったのだろうなぁ、というのがよくわかります。

マネジメントの本は理論的なものが多いですが、やはり実際の現場でどう人と関わるのか、というのは非常に重要な問題だと思います。

それをわかりやすく説いてる本という事で、読んでおくとその場その場で役立つ事が多々あると思います。

 

8.管理職の教科書

今流行のアンガーマネジメントの本。

アンガーマネジメントの本といえば「別に怒らなければいいだけでしょ?」と読まない人もいますが、やはり管理職のストレスは大きいものがあります。

しっかりと自分でアンガーマネジメントをしないと、周りに当たり散らしていまう、とんでもない人間になってしまいます。

という意味でアンガーマネジメントというのも、是非とも勉強していただきたい所ではあります。

 

9.HIGH OUTPUT MANAGEMENT

インテル社の第1号社員として創業に参画し、後にCEOにまで登り詰めた、アンドリュー・グローブ氏の著作。97年にはタイム誌の「今年の人」にも選ばれた人物で、本著は伝説の名著と呼ばれています。

「生産性を上げる方法の一つは、今やっていることが何であろうと、それをもっと早くやること」

「最後までとことんフォローしない権限委譲は「職務放棄」と同じ」

というような、超具体的なアドバイスが詰まっています。

私もこの本は繰り返し読みました。テーマはマネジメントですが、それ以上に一人の人間の仕事論としても本当に座右の書にしたい一冊です。

 

10.人を動かす

厳密に言うとマネジメントの本ではありませんが、人間関係の全てにおいて必要なノウハウが詰まった一冊。

デール・カーネギーといえば説明要らずなほど有名な人物だと思います。是非とも彼の著作をまだ読んでいない方は、こちらの「人を動かす」以外にも名著だとされている本が沢山あるので、読んでいただきたいなと思います。

 

・まとめ

以上、マネジメントでおすすめの10冊を紹介させていただきました!

 こうして読むと、マネジメントの本はマネジメントだけを学ぶのではなく、優れたビジネスマンの思考を学ぶことにもなると思います。

ぜひとも皆さんにもこれらの本を読んでいただきたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました!

悟りの本質に近づく、仏教の絶対読みたい必読本おすすめ6冊。

f:id:kumakuma30:20200517153812j:plain

おはようございます。今回は仏教のおすすめ本です。

仏教といえばイメージ的にお寺などで修行して学ぶべきもののような気がしますが、実際は著作を通じてても仏陀やいろんな思想家の教えに深く触れる事ができます。

今回はそんな仏教のおすすめ本を紹介して行きたいと思います。

 

目次

 

1.仏教

仏教がどこでどう発展して来たか、という史学的なものも含めつつ、仏教の思想をわかりやすく紹介した一冊。

 まずはこれを読み込んでいただくと仏教の全体像が把握しやすいと思います。

とにかく読みやすいのもポイント。仏教といえば難しいイメージがありますが、そんなイメージを払拭してくれる一冊です。

 

2.原始仏教

原始仏教といえば非常に難解で、数多くの仏典が存在しますが、そんな原始仏教の教えの要点を驚くほどわかりやすく、広く深く掘り下げた一冊。

正直、一冊でここまで解説できるものかと驚きます。とにかく読んでいただきたいのですが、面白くて、腑に落ちる。本当に人生観が変わります。

著者の中村元先生は日本の仏教研究の第一人者なので、是非とも仏教を勉強するならば覚えていただきたい人物です。

 

3.ブッダのことば

ここまで解説書を紹介して来ましたが、ここで実際に仏陀の言葉に触れていただきたい。

仏陀の言葉を直接まとめた、仏教でもっとも古い仏典です。昔の人はこれを手に入れるために命がけで旅をしていたんですね。

しかし本当に素晴らしい言葉です。とにかく執着せず独立独行しろ、という言葉は、いろんなものに執着している現代人に突き刺さります。

私は始めてこの本を読んだ時に涙が溢れて止まりませんでした。

 

4.ブッダの真理のことば 感興のことば

こちらも仏陀の教えを直接記したものだとされています。

「感興のことば(ウダーナヴァルガ)」とは、仏陀が感興を覚えた時に、ふと口にした言葉、という意味があります。

こちらもやはり言葉の一つ一つが突き刺さってきます。是非とも読んでいただきたいです。

 

5.大乗仏教

 大乗仏教の仏典を読んでいくならば、こちらの「大乗仏典」シリーズがおすすめです。私も全て読めたわけではありませんが、少なくともこの第一部の金剛般若経、善勇猛般若経はどちらも翻訳がわかりやすく、内容も素晴らしいです。

大乗仏教とは何か、とは答えるのが難しいですが、原始仏教をよりブラッシュアップしたもの、アレンジを重ねて別物になったものなど、色々あります。どちらにせよ一つの思想として、文化として学んでおくのはすごくオススメです。

 

6.現代語訳 般若心経

いきなり大乗仏典シリーズは敷居が高い人は、こちらの般若心経の現代語訳がおすすめです。単に現代語訳というだけではなく、解説書としての一面もあります。

真言宗の方は法事などでなんとなく読んでいるかも知れない般若心経ですが、本当に素晴らしいですね。たまに量子力学との類似性が指摘されていますが、やはり良いものは時代が進んでも廃れないんだなぁ、という事を感じさせてくれます。

 

・まとめ

 以上、おすすめの仏教の本を紹介させていただきました。

やはりこうして紹介していて思うのは、仏教には思想としての素晴らしさと、実際にお経を読んで風味を味わったり、心が洗われるような、感覚的な素晴らしさがあるなぁということです。

仏教はこの2つを楽しめる分野だと思います。是非とも解説書なりお経なり、まず何冊か読んでいただきたいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!