Atrium.

今日より少し広い世界へ。

【哲学書】ニーチェを学ぶためのおすすめ本6冊!

f:id:kumakuma30:20191012231920j:plain

引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Nietzsche1882.jpg

 おはようございます!今回はニーチェに関する記事です。

ニーチェって、哲学に興味がない方でも聞いた事があるほど有名な哲学者ですよね。いろんな知識人の方がよく引用したりしているので、やっぱり「どんな事を言った人なのか」と気になっている方も多いと思います。

今回はそんなニーチェの哲学をなるべくわかりやすく理解できるように、本人の著作以外にも、解説書や入門書なんかも交えながら紹介して行きたいと思います。

 

目次

 

ニーチェを学ぶ意義とは

ニーチェの哲学を学ぶ意義は大きく二つあると思います。

一つは当然ながら、ニーチェ本人がどんな思想を持って、何を言ったのかを知る事です。やはり一人の著名な哲学者、思想家の考えを知る事は、我々の思索にも大いに役立つかも知れません。

そしてもう一つは、哲学史におけるニーチェの役割がわかる事です。

ニーチェ本人が語った事を、後の多くの哲学者も影響を受けながら、自分の哲学を打ち立てているわけです。つまりニーチェの哲学を知る事は、ニーチェから影響を受けた哲学者たちの話を理解するのにも役立つと。

具体的にニーチェは、哲学史の中でも実存主義という思想に大きな影響を与えたと言われています。実存主義といえばサルトルがスタートだと考える人もいますが、やはりニーチェがなぜ「神は死んだ」と言ったのか、それが哲学史においてどんなインパクトがあったのか。

という事を知ると、サルトル以降の哲学を理解する上でもめちゃくちゃ助かるわけです。

 

・いきなり原著は読まない!

まぁニーチェに限った話ではないですが、いきなり哲学者本人の著作を読むのは止めたほうがいいです。それよりも解説書や入門書を読むのがすごくオススメですね。

 というのも哲学書って、普通に読んでも意味がわからない場合がほとんどなんですよね。自分は何となくわかった感じでフンフンと読んでても、解説書なんかを読むと「そうか、これはこういう解釈なんだ」と気付かされる部分が多々あります。

やはりそれまでの哲学の流れ、当時の時代背景なんかも解説書だと書いてくれてますし、そられを踏まえないと哲学書は読めない部分が多いですからね。

まして哲学特有の言葉遣いもあります。一般的な意味とは大きく乖離してる言葉が多いです。

まして単純に大昔の異国の方が書いた書物なわけで、やっぱり文章として現代の日本人にはわかりにくい部分もあるわけです。なので最初は入門書や解説書がおすすめですね。

 

ニーチェの解説書、入門書おすすめ3冊!

 1.ニーチェ入門 竹田青嗣

ニーチェの入門書としておすすめされる事が多い一冊です。

「神は死んだ」という絶対的価値の否定、ニヒリズムルサンチマン永劫回帰など、それぞれニーチェを語る上で抑えておくべき概念がスッキリと整理されています。一本のストーリーの道筋がハッキリ見えるのが良いですね。

それぞれのテーマを深く掘り下げた入門書や解説書はよくありますが、ここまで包括的に書いてるのも珍しいなと思います。

 

2.これがニーチェ永井均

永井均さんは「哲学者らしい哲学者」という感じの方です。「哲学者のお手本」とも言われているのを見たことがありますが、まさにそうだなと。

本著はその永井さんから見たニーチェ論です。もちろん全く個人の感想ではなく、論理的で「なるほど、そういう捉え方もあるのか」と納得できる本です。

ぶっちゃけオーソドックスなニーチェ像を捉えるには不向き(本人もそう書いている)のですが、やっぱり単にニーチェの考えを理解するだけじゃなくて、自分なりの見方をする事も当然できるわけです。そういう哲学の醍醐味を知っていただきたくて紹介しました。

 

3.飲茶の「最強! 」のニーチェ

あまりこういう漫画やイラストを使った入門書は哲学に限らず好きではないのですが、飲茶さんだけは別格ですね。

この哲学に対する熱量、深い理解、そしてわかりやすさは群を抜いていると思います。

ニーチェは入門書すらもサッパリ!という人にはぜひとも読んでいただきたいですね。

 

ニーチェの著作おすすめ3冊!

1.道徳の系譜

ニーチェ自身が「はじめに読んでほしい」と指定していた著作。

3つの論文から成り立っていて、それぞれテーマがあるのですが、一貫して「道徳の起源」「道徳の批判」が大きなテーマになっていると思います。

やはり思想の概略だけならば解説書などを読むとわかるのですが、本人の著作は深みが違いますね。一つ一つの見方が鋭くて、詩的な感じもあって、やっぱり受ける衝撃が違います。ぜひとも読んでいただきたいです。

 

2.善悪の彼岸

道徳の系譜」と並んでニーチェ自身が「はじめに読んでほしい」と推奨している一冊です。

もともとは「ツァラトゥストラかく語りき」の解説書として書かれていたようで、本人の著作としては比較的わかりやすいです。

読めばわかりますが、とにかく意外なニーチェ像が浮かび上がってきますね。こういう人だったのか、という。読んでて笑えるような部分もあります。

 

3.ツァラトゥストラかく語りき

ニーチェの代表作とも呼ばれる著作です。

ツァラトゥストラという主人公が思想の吐露をする、物語のような形式になっています。

やはり全体として「こう!」とまとめるのは難しいですが、随所随所にすごく破壊力がありますね。

やはり思想を理解するだけなら解説書の方が向いていると思いますが、文学のような感覚でぜひとも読んでいただきたいです。

 

・まとめ

 以上、おすすめのニーチェの入門書・解説書と、おすすめの本人の著作を紹介させていただきました。

やはりまとめていて思ったのは、まずは入門書などでしっかりと要点を押さえていただきたいですね。その上で本人の著作は、ニーチェ本人の苦難が吐露されているかのような、小説のような感じで読んでいただきたいなと思いました。

最後までごお読みいただきありがとうございました!

【超厳選】とにかく聞いてほしい!YouTubeで聞ける神曲10選!

f:id:kumakuma30:20191007141323j:plain

 おはようございます!今回の記事は筆者がただただ大好きな音楽を紹介するという、それだけの記事です(笑)。

単なる趣味の押し付けみたいになってますが、本当に神曲ばかりなので聞いていただきたいなと思います!全てYouTubeで聞ける曲を集めました。

 

目次

 

1.季節は次々死んでいく

youtu.be

amazarashiさんの曲。私がこれまで聞いてきた全ての音楽の中でも一番好きかも知れない、本当に好きな曲です。

とにかく歌詞が大好きで、何度励まされたかわかりません。

「行こうか戻ろうか悩みはするけど しばらくすれば歩き出す背中」「何はなくとも生きていくのだ」など、まさに人生の全てを説いたような歌だと思います。

人間は結局、一人で生まれて一人で生きて一人で死んでいくわけです。そういう虚無の中で、自分には何もないけど、とりあえず歩き続けなければならない。そんな気持ちにさせてくれます。

 

2.フラレガイガール

youtu.be

 原曲はさユりさんの曲で、こちらは春茶さんという方がカバーした動画です。ぜひ原曲も含めて両方聞いていただきたいです。

とにかく美しいですね。曲も歌声もこの挿絵も、全てが綺麗で、甘美な世界に浮いているかのような錯覚に陥ります。

女性目線の曲なのですが、なぜか男性の私でもすごく切なさが伝わってくる、そんな曲です。

 

3.愛を伝えたいだとか

youtu.be

 あいみょんさんの曲です。私はあいみょんさんがとにかくメチャクチャ好きで、全ての曲をリピートしまくってます。

その中からどの曲を紹介しようか迷いに迷ったのですが、今回はこの「愛を伝えたいだとか」を選ばせていただきました。メロディーが心地よくてスッと頭に入ってきて、かつあいみょんさんの曲らしく、聞けば聞くほど良さが伝わってきます。

この切なさの波というか、聞いてて共感で押しつぶされそうになります。

もし良いなーと思っていただければ、他の曲も聞いていただきたいなと思います。

 

4.秒針を噛む

youtu.be

 ずっと真夜中でいいのに、略してずとまよさんの曲です。

ずとまよさんは「インディーズ時代」なんてものが存在しないぐらい、急に現れて鬼才を発揮して凄い勢いで有名になって来ましたね。驚く限りです。

ずとまよさんも全ての曲がめちゃくちゃ良いのでどれを紹介するか迷いましたが、やはり代表曲の「秒針を噛む」にさせていただきました。すごくテンポがよくて、ずっと聞き続けていられるほどクセになる曲です。

でも他の曲もとにかく良いので、聞いていただきたいですね。

 

5.ヒッチコック

youtu.be

 ヨルシカさんは二人組のバントで、n-bunaさんという方が作詞作曲と編曲、ギターを担当し、suisさんという方がボーカルを担当しています。

n-bunaさんは作曲家として昔から大ファンでしたが、ヨルシカを結成してからsuisさんのどこかエモさのある歌声も相まって、非常にメジャーになって来たように思います。自分の好きな方々がこうやって注目されるようになるのは嬉しいですね。

ヨルシカさんの曲の中でもすごくオススメなのがこの「ヒッチコック」です。何となく人が抱えてる郷愁感、喪失感、そういうものが言葉にされていると思います。

ヨルシカさんの曲全てに言えることですが、「雨の匂いに懐かしくなる」「夏が近づくと胸がざわめく」など、人間の何とも言えない感傷を言葉にするのがすごく上手いです。

 

6.ライラック

youtu.be

 なんとなく今生きづらい人に聞いてほしい、胸がスッと空くような曲。風のような曲調もすごく爽やかです。

「幸せはピンボケする不良品アイシャッター 苦しい事は繊細に映る高画質レンズで 精一杯やってんだ」なんて部分は、本当に共感できます。似たような思いをしている人が他にも居るんだなぁ、なんて思える曲です。

 美波さんも最近急に有名になって来た方の一人ですね。これからもっと多くの人に知っていただきたいなーと思います。

 

7.Don't you want me ft. Such

youtu.be

 たまたまYouTubeで見つけた曲ですが、とにかく最高です。もう中毒性がヤバすぎて最初は常にリピートしてました。

製作者のPSYQUIさんについて調べてみましたが、かなり謎に包まれた方のようですね。しかしまごうことなき神曲です。この「たまたま見つけてしまった感」がヤバい。

 

8.妄想感傷代償連盟

youtu.be

 DECO*27さん原曲で、あらきさんとnqrseさんという方がカバーした曲です。

所謂VOCALOIDの曲を「歌ってみた」というジャンルになります。これまで本当に何千曲と聞いてきたと思いますが、その中でもおすすめできるのがこの曲ですね。

まずDECO*27さんの曲の歌詞やテンポ、めちゃくちゃクセになります。この独特な雰囲気が堪りません。まさにDECO*27さんにしか出せない世界だなと。

そしてVocalのお二人のアレンジが本当に素晴らしいんですよね。この競い合うように歌う感じ、でも喧嘩せず調和が見事に取れてる感じ。恐らく500回ぐらいリピートしてる気がします。

 

9.命に嫌われている

youtu.be

 こちらも歌ってみたというジャンルになります。もう1000回ぐらいリピートしてると思います。この流れるような曲のテンポと、柘榴さんの透き通った声がすごく合ってると思います。

何よりこの歌詞です。初めて最後のサビを聞いた時は涙が止まりませんでした。

普通に聞くとすごく陰鬱とした気分になるのですが、この疾走感というか、格好良さはなんでしょうか。でも軽くなる事もなく、確かに感性に訴えかけてくる。まさに奇跡のような曲ではないでしょうか。

 

10.Ref:rain

youtu.be

 最後にAimerさんの曲を紹介させていただきたいと思います。Aimerさんは15歳の時に声帯を痛め、半年ぐらい発声できない時期が続いたそうですが、その後の回復と工夫の中で現在の声を手にしたと言います。

その中でもどの曲を紹介するか迷ったのですが、やはりこのRef:rainが一番説得力のようなものがあります。曲も歌声も本当に美しくて純粋さがあって、なんだか自分に足りないものを全てまとめて見せつけられているような、そういう崇高さがあります。

ぜひAimerさんの他の曲も聞いていただきたいですね。他にも「六等星の星」や「寂しくて眠れない夜は」なども絶対感動すると思います。

 

・まとめ

 以上、おすすめの曲を紹介させていただきました。なぜ10曲なのかというと、やはり動画を載せすぎるとページが開かなくなるんですよね。

それにしても選ぶのに迷いに迷いました。もっと紹介したい曲が軽く100曲ぐらいあるので、また近いうちにまとめさせていただきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

醤油にこだわるだけで料理が一変!おすすめの醤油11選!

f:id:kumakuma30:20190928140455j:plain

 おはようございます!今回は醤油についての記事です。

いつもスーパーで何となく買っている醤油。でも、醤油選びに少しこだわるだけで、料理や食事の質がマジで一変します!

今回はいろんな醤油を試してきた筆者が「これは美味い!」と思うオススメを紹介していけたらなと思います。

 

目次

 

醤油の種類と特徴

濃口醤油

日本の醤油の8割はこの「濃口醤油」で、もっとも基本的な味になります。

料理の際に調味料として使ったり、卓上調味料として他の料理に掛けたりなど、何にでも使える万能醤油です。

とりあえず迷ったら濃口醤油を用意しておけば問題ないでしょう。

 

淡口醤油

日本の醤油生産量の13%ぐらいを占めます。濃口と淡口でほとんどの生産量を占めているわけですね。

淡口醤油とは「色が淡い」というだけで、実は濃口醤油よりも塩分濃度は高く、味が濃い場合が多いです。

醤油は熟成するほど色が濃くなりますが、塩分濃度を高めて醸造期を短くしたのが淡口醤油です。醸造過程の最後で甘酒や水飴などを加え、甘みを出すのも特徴です。

食材の風味を活かしたい時に使うとおすすめ。

 

・再仕込み醤油

醤油を二度醸造する製法で作られた醤油。一般的に色が濃く、ドロリとしていて、濃厚な味になります。刺し身醤油に使うのがおすすめですね。

 

・たまり醤油

普通の醤油は小麦と大豆が半々ぐらいで作られますが、たまり醤油はほとんど大豆で作られています。

より大豆の旨味が強いのが特徴です。

 

・白醤油

たまり醤油とは逆に、ほとんど小麦で作られています。その名の通り、普通の醤油よりもかなり薄く、ビールのような小麦色をしています。

旨味やコクは抑え気味ですが、香りがよく、料理の隠し味などにたまに使われます。

 

大豆の種類

醤油に使われる大豆には脱脂加工大豆と丸大豆があります。醤油の8割ほどが脱脂加工大豆で作られえています。

脱脂加工大豆は大豆から油分を抜いたものです。それによって生産がかなり楽になるなどのメリットがあり、多く使われています。

「加工大豆」というイメージが悪いのかよく批判されますが、普通に旨味は脱脂加工大豆の方が強い場合が多いです。一方で丸大豆はまろやかな醤油が多いですね。

あまり覚える必要はないですが、一応こんな感じの違いがあるよーという事で紹介させていただきました。

 

おすすめの醤油11選!

・井上古式じょうゆ

とにかく普通の醤油との違いを手っ取り早く実感したい人におすすめ。

「これが醤油なのか!」と本当にビックリします。コクがすごく深いです。

普通の醤油がしょっぱいだけにしか感じ取れなくなるほど、「醤油の旨味とはこういうものか」と実感できると思います。煮物などのクオリティも段違いになりますね。

 

・吉野杉樽天然醸造醤油

吉野杉で作った木樽で発酵・熟成させた醤油。

とにかく香りがメチャクチャ良いです。お酒など他の料理もそうですが、樽で熟成させたものってすごく香りが引き立つんですよね。

もちろん味も最高です。塩辛くなく、しかしすっかりとした味が付いています。

 

・大徳醤油 淡口丸大豆醤油

国産丸大豆、国産小麦が100%で作られていて、とても素材にこだわった醤油です。

普通に食べても美味しいですが、なんと言っても料理に入れるととても引き立ちます。キリッとした、程よいアクセントになりますね。

淡口醤油で、少量でもかなり味が濃いので、使いすぎには注意です。

 

・丸島醤油  純正醤油

小豆島の醤油づくりに適した風土・気候で作られた醤油です。

とてもマイルドで、豆の風味が感じる優しい味がします。

お刺身、お餅など、醤油の味が活きる料理に食卓調味料として使うのがおすすめです。

 

・キンコー醤油 薩摩甘口醤油

鹿児島の醤油らしい「甘さ」がある醤油。トロッとしてて濃厚なタレです。

味わったことのない甘さで、こんな醤油もあるんだなぁと驚かされます。思ったよりいろんな料理に合うところもポイント。

個人的におすすめなのが焼き鳥や馬刺しなどの肉料理に非常に合うなと感じました。

 

・タケサン 生搾醤油

こちらも小豆島で作られた醤油で、丸大豆と小麦だけでなく塩にもこだわっています。一つ一つの素材が厳選されてますね。

杉桶の中で醸造された諸味をそのまま絞った生搾り醤油です。醤油本来のまろやかさを感じ取る事ができます。

旨味がありつつ塩味も効いてるので、少量の使用で大丈夫ですね。

 

・かめびし 三年醸造醤油

 なんと1753年創業で、二百数十年も醤油づくりをしているメーカーさんです。

「むしろ麹法」という独特な製法で作られた醤油ですが、とにかく味が濃くてトロリとしていて、とても美味しいです。

刺身醤油として使うのが一番オススメですね。

 

・伊勢醤油 吟香仕込み

 明治神宮にも奉納されている醤油。

非常に「素材の味を引き立てる醤油」だと思います。まろやかで角が立たず、肉や魚などの旨味が打ち消されないですね。

 刺身醤油として使うのもおすすめですが、やはり煮物やすき焼きなどもかなり美味しくなります。

 

・ヒゲタ 本膳

高級割烹にも使われている醤油で、非常に上品な味と香りがします。

醤油によくある塩辛さ、角が立つ感じがなく、ものすごく食べやすいですね。

料理の際はもちろん、卓上調味料としても何にでも掛けれてしまいます。

 

・日東醸造 足助仕込三河しろたまり

白醤油では一番おすすめしたい、とにかく美味しい醤油。大豆を使ってないので大豆アレルギーの方でも楽しめます。

天然水を使って作られていて、まろやかで甘みのある、普通の醤油にはない優しい味がします。

昆布の独特な風味がして、それがクセになりますね。

 

・ヤマロク 菊醤

味、香り、風味など、どれもキレがよく引き立ってて、すごくバランスの良い醤油です。

なんと言っても舌触りが不思議な感じがします。サラリとしているのですが、しっかりコクと旨味を感じ取る事ができますね。

昔ながらの木桶で作られている醤油で、こういう製法は貴重だなぁと思ったりします。

 

・まとめ

 以上、おすすめの醤油を紹介させていただきました!

まぁ味の話なので、なかなか表現だけでは伝わりにくい部分もあると思いますし、感じ方も人それぞれだと思います。

なのでぜひとも気になった一本を試していただきたいですね。きっとこれまでの醤油観がガラッと変わると思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!