家具・インテリア大全

アナタの暮らしが「ちょっと幸せになる」モノを紹介。

分析哲学の本、おすすめ13冊。入門書や解説書など。

9c3ae1e592e1d63118c7846171e7977b_s 今回は現代哲学の「主流」と言っても良い、分析哲学の紹介です。 恐らく大学で哲学科を選んだ人は、分析哲学の講義がかなりのウエイトを占めてくるんじゃないかと思います。 今回は、そういう分析哲学の初心者さんにオススメの入門書や、それなりに基礎を固めた方向けの本格的な本までを紹介したいと思います。

 

言語哲学大全Ⅰ~Ⅳ

当時、アメリカではすでに主流になっていた分析哲学を、日本にも大きく広めたのが飯田隆氏の「言語哲学大全」です。全四巻まであります。 「これは絶対に外せない!」という著名な分析哲学者を一人ひとり詳しく解説しつつも、「なぜこういう議論が出てきたのか」という分析哲学全体の流れがよくわかるようになっています。 分析哲学とはどんな学問で、どのような事を問題にしているのか。イメージ像を掴むにはピッタリの本だと思います。 ただし、全4巻とかなり長いのがネックかも知れません。

 

分析哲学入門

言語哲学大全の全4巻は長すぎる!」という方におすすめなのが、八木沢敬氏の「分析哲学入門」になります。 この入門書の特徴は二つで、まずは実践的だという事です。具体的に命題を挙げながら、それを分析哲学的に解説していく作りになっています。 そして次に「わかりやすい」という点が挙げられます。これは著者もかなりこだわって書いてるのが伺えますね。 まず大学の講義などを受ける前の掴みの一冊として非常におすすめです。

 

分析哲学講義

初めての入門書としてコチラの青山拓央氏の「分析哲学講義」もおすすめです。まさに「言語哲学大全」をかなり圧縮したような作りになっていて、分析哲学の全体像を追いながら、個々の著名な哲学者につていも触れている一冊。 後はとにかく分析哲学の素晴らしさが伝わってきて、好奇心が煽られる一冊だと思います。

 

言語哲学―入門から中級まで

これも少し難解ですが、非常に良い入門書です。ライカンというアメリカの哲学者が書いた本。 指示の理論や確定記述など、かなり本格的な分析哲学のテーマや論理にガッツリ踏み込んでいます。しかも「他の本で読むとサッパリ」というような難解な内容も、相対的に分かりやすく書いてますね。 ただ、それでもやはりテーマがテーマだけに、タイトルにもあるように中級者向けです。他の入門書などをザッと読んだ上でこちらも読んでみると良いかも知れません。

 

ウィトゲンシュタイン論理哲学論考』を読む

分析哲学の本でもっとも有名なのはウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』、通称「論考」と呼ばれる著作でしょう。 ただ、それだけ読んでもサッパリわからないと思います。そこでこの野矢さんの解説書を読んで見るのがおすすめです。 とりあえず論考の内容を知っておけば、他の分析哲学クラスタの人ともそれなりに会話が成り立つと思います。

 

クワイン

クワインという、比較的最新の分析哲学者の解説書。 正直、めちゃくちゃ面白いと思います。個人的に分析哲学にハマったキッカケの本でもあります。ホーリズムを中心に、難解なクワインの哲学がわかりやすく解説されています。 また、クワインウィトゲンシュタインやカルナップの影響を強く受けている(もちろん反発する部分もある)ので、ある意味で哲学の歴史をなぞって最新の地点までたどり着けるような、そういう一冊でもありますね。

 

クリプキ

こちらもかなり最新の哲学者、クリプキの解説書です。 分析哲学全般に言える事ですが、特にクリプキは「言葉」というものに対する疑問をすごく深く持たせてくれる哲学者ですね。 人間は考えるときにも言葉を使いますが、言葉というものがいかに不正確なものか。ある意味ですごくスリリングな一冊ですが、とても面白いです。

 

・私はどうして私なのか

「私とはなにか」という、大陸哲学ならば簡単に答えを出してしまいそうな問題を分析哲学的に掘り下げた本。 他の分析哲学の本と違うのは、一つの命題を徹底的に掘り下げることで、すごく「奥深さ」が出るんですよね。「私」という言葉一つに、ここまで深い意味があったのか、と。 ある意味で分析哲学の深淵を学べる本だと思います。

 

・現代哲学基本論文集Ⅰ~Ⅱ

最後に論集の紹介です。現代哲学基本論文集、とありますが分析哲学者の論文が主流ですね。哲学科に進むならばぜひとも手に入れたいところ。 やはり他の分析哲学の本を読み勧めながら、並行して原文に当たってみるのがおすすめです。全ての学問に言えることだとは思いますが。

 

・まとめ

以上、おすすめの分析哲学の本を紹介して来ました。 とにかく分析哲学は哲学の中でも「面白い」ということ、そして他の哲学はああでもないこうでもないという「観念論の遊び」と揶揄されますが、分析哲学はそういう所がかなり少なく、非常に厳密であるというのが特徴です。 その魅力を味わっていただくためにも、ぜひ2,3冊読んでみてほしいなと思います。

「武士道」を知るために絶対読んでおきたい本、おすすめ5選。

f:id:kumakuma30:20190504153606j:plain

現代でも日本・海外で人気が根強く、高潔な思想だとされている「武士道」。

しかし最近はなんとなく雰囲気で「武士道」を名乗っていて、中身がない人も見受けられます。やはり日本人に生まれたからには、武士道をしっかり勉強して正しく理解したいところです。

そこで今回は、武士道を理解するためには絶対に外せないなと思う本を紹介したいと思います。

 

1.武士道

言わずと知れた新渡戸稲造の名著。英文で書かれ、世界中の人に多く読まれました。

新渡戸稲造キリスト教徒としても有名で、どちらかと言えばこの本も「外国人の視点から客観的に武士道を捉えた本」と言えるかも知れません。

故に冷静で論理的で、外国人が「武士道」と聞いて真っ先にイメージする内容が書かれているので、教養としてもぜひ読んでおきたいところです。

もともとは英文でいろんな人が翻訳してますが、やはり歴史学者の奈良本さんが訳した本著がおすすめです。

 

2.葉隠

  

「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という一文で有名な著作、「葉隠」です。実はこれ、単純に「武士道とは時には命がけで戦う事だ」というだけの意味ではないのです。

新渡戸稲造の「武士道」が少し外国目線なのに対し、この「葉隠」は日本古来の武士道精神にもっとも影響を与えた本と言っていいでしょう。三島由紀夫も「葉隠入門」という本を出すほど愛読していました。

こちらも色んな出版社から本が出ていますが、やはりこの講談社のものがおすすめです。原文の息遣いがそのまま伝わってきて、鬼気迫るような文章です。

 

3.留魂録

吉田松陰が弟子に向かって伝えたい事を書いた著作。処刑される前日まで書いていたいと言います。

武士道の本としてこれをおすすめする理由は2つ、一つは武士ならば「皇室をどう捉えているか」というのは非常に重用な問題になりますが、これを読むと「尊王攘夷」という思想が世間では大きく誤解されているのがわかります。

もう一つは、松田松陰の死生観がよくわかるところです。実は「葉隠」の「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」の真意とも非常に似通った点があり、武士道の真髄を理解できるのではないかと思います。

ちなみに本著では「留魂録」以外の重用な手紙や論文もピックアップされているので、それもぜひ読んでほしいところです。

 

4.西郷南洲遺訓

 西郷隆盛の遺訓集。語録集のような形になっています。

西郷隆盛」というと、幕末志士の中でもあまり「武士!」というイメージが薄い温厚な人物として知られているかも知れません。しかし立ち振る舞いのあり方は武士らしくなくても、ある種の武士道精神を体現できるんだ、というのがわかる本です。

単に高潔なだけでなく、多くの人をひきつけ、大きな偉業を成し遂げた人物から学ぶことは多いと思います。

 

5.五輪書

かの有名な宮本武蔵が書いた本です。宮本武蔵と言えばいろんな漫画やアニメなどで脚色されすぎていますが、実際はどんな人物だったのかがよく分かる本です。

それでもやはり賛否両論ありますが、一人の剣豪として命のやり取りを繰り広げていたのは間違いありません。そういう人物が考えていた事を知るのは重用ではないでしょうか。

まぁこれも非常に有名な本ではあるので、教養として読んでおいてほしいと思います。

 

・まとめ

 以上、武士道を知るために絶対読んでおいて欲しい5冊を上げてきました。

この中でも特に「武士道」「葉隠」「留魂録」の3つは必読ではないかなと思います。

他にももっと読んでおいて欲しい本はあるのですが、まずはこれだけ紹介させていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ユダヤ人の商法が学べるビジネス書、おすすめ6選。

e3eb2b9ef79c59b1ea40d86b526d3529_s よく「ユダヤ人は金融で世界を支配している!」という話を聞きますが、実際はどうなのでしょうか。 結論から言うと、流石に世界を支配しているかどうかは分かりませんが、少数民族であるにも関わらず絶大な富を独占しているのは事実です。 そしてユダヤ人の間には、民族内の文化や家庭の教えなどによって、知っているのと知らないのとでは全然違うビジネスの教えが存在するのも事実です。 そこで今回は、ユダヤ人のビジネスの教えが学べる本をピックアップしたいと思います。  

 

ユダヤ商法

数多くの経営者が読み込んでいる名著。 ラビという世界に5000人しか居ないユダヤ人の宗教指導者で、ロスチャイルド基金からも支援を受け、同家の家訓にも詳しい著者が、ユダヤ人の教えの本質をズバリと説いています。 少し値が張る本ですが、これが一種の参入障壁なのでしょう。読み終われば「それだけの価値はあった」と納得できる内容になっています。  

 

ユダヤの商法―世界経済を動かす

日本マクドナルドの創業者・藤田田氏が書き、高校時代の孫正義氏が感銘を受け、藤田氏に直接面会を申し込んだという伝説の著作。 残念ながら今では再販もされず希少本となっていて、かなり値が張ります。しかしそれだけ読める人が少ないという事なので、読めば他の人にはない付加価値を手に入れられるわけです。 もっとも、人生を変える本だと思うので、それに対する投資としては安すぎるぐらいです。ぜひご一読いただきたい。  

 

ユダヤ人のビジネス教本―旧約聖書智慧を読み解く

ユダヤ人の文化やビジネスといえば、やはりユダヤ教の宗教的な部分と切り離せません。 この『ユダヤ人のビジネス教本』では、しっかりと聖書に基づいたユダヤ人のビジネス論を解説しています。 宗教や聖書というと少し抽象的なニュアンスが混ざりそうですが、この本ではしっかりと実用性を意識して書かれているのが凄いですね。  

 

ユダヤから学んだモノの売り方

ユダヤ系の外資系商社で”モノの売り方”を叩き込まれた著者が書いた本。 タイトルを見ると単にセールスのやり方に見えるかも知れませんが、それよりももっと深い「物を売ること」に対する考え方が得られます。 もちろん日本人の著者なりの噛み砕き方もされてるので、かなり実用的です。役に立たないワケがない一冊。  

 

ユダヤ 知的創造のルーツ

ユダヤ人のビジネス論といえば色々ありますが、こちらは知的創造、つまりクリエイティブな内容に迫ったものです。 ユダヤ人のビジネス論がすごいのは、他の民族の思想とは違い、クリエイティブで時代の変化にいち早く対応できるという事です。事実、ユダヤ人の中には何百年も前から「情報」を重視していた人達がいて、実際に現在のIT業界の著名人にもユダヤ人が多く居ます。 なぜ彼らがそこまでクリエティブになれるのか、という事を書いた本です。  

 

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣

ある日本人の青年がユダヤ人の大富豪に教えを受けながら成長していく物語。 単にビジネスの話だけでなく、人生論や生活全般に関する話が多いのも魅力ですね。 ストーリー仕立てでかなり内容が頭に入って来やすいです。入門書としてぜひおすすめです。  

 

・まとめ

以上、ユダヤ人のビジネスが学べる、おすすめの本を紹介して来ました。 ビジネス書全般に言える事ですが、実際に読んで「感銘を受けた!」というだけでは、何も変わらない場合が多いんですよね。 そういう意味でこの記事では、読んだだけで動き出したくなったり、実践している所のイメージが湧きやすいビジネス書を厳選しました。 実際に皆さんのビジネス観を一変させるものになれば幸いです!