家具・インテリア本舗

家具屋が監修!オシャレで高品質な家具・家電や、驚きのインテリアを紹介するサイト!

おすすめのデスクチェア紹介① DUOREST DRシリーズ

f:id:kumakuma30:20190208130736j:plain

 おはようございます!今回からおすすめのデスクチェア(オフィスチェア)を一つ一つ詳しく紹介していくシリーズを始めたいと思います。デスクチェア選びの参考にしていただいたり、なんとなく「いい椅子はないかな~」と眺めたい時などに見ていただければなと思います。

 

目次

 

・今回紹介するデスクチェア

今回紹介するのはコチラ、DUORESTのDRシリーズです。

ドイツ生まれのデスクチェアで、ドイツはもちろん世界中でヒットしている製品です。日本でも最近とても流行ってきていて、ニトリなどの小売店でも目につく所に置かれている事が多いですね。

ヘッドレストや肘掛けがないタイプもありますが、基本的にはある方がおすすめです。

 

・基本情報

サイズ:幅67.4×奥67.4×高109.5~117.8

本体重量:19kg

背もたれ:PP・ウレタンフォ-ム・スチ-ル 座面:モ-ルドウレタン・ 脚:PP・ウレタンキャスタ- 張地:ポリエステル100% 背クッション:ウレタン 座クッション:モ-ルドウレタン

 

・構造、座り心地

ドイツの物理学者マティアス・ブリニィッヒ教授が創案した「DUOREST理論」に基づいて作られた、非常に人間工学的に優れたデスクチェアです。

背もたれの2つのクッションが可動式になっていて、どんな角度で座ってもスッと背筋を座面にフィットするような座り心地です。

背筋が正しい姿勢で伸ばされてる感触があり、長い時間の作業でも痛みを感じさせにくい構造になっていますね。

特筆すべきなのは、前かがみの姿勢でもしっかりサポートしてくれる点です。実はデスクチェアは高いものを選んでも、もたれている時は良いものの、前かがみになって背中が背もたれから離れたら意味ないよ、という場合があるのですが、このデスクチェアは前かがみの体勢も考えられて設計されています。

そして座面も体勢に合わせて背もたれと連動して動いてくれます。これも本当に良いデスクチェアでしか見られない機能ですね。

全体としてとても人間の身体の構造に合わせて作られたデスクチェアだと思います。人間工学の最先端の凄さがよく伝わってきます。椅子も昔と比べてすごく進化したなぁと思います。

 

・機能面

まず良いなと思ったのはキャスターです。安定感がすごくて、椅子にドッカリと腰掛けても全く不安定な感じがしません。素材もウレタンで出来ているウレタンキャスターなので、床に傷も付きにくい素材です。

耐久テストもかなり厳しく行われていて、実際の素材や座り心地などを見てもかなり丈夫です。パーツの一つ一つがしっかりしています。

一つマイナスなのは、リクライニング機能が付いていないという事でしょうか。しかしロッキング機能は付いてるので、くつろぐには本当に十分だと思います。

 

・デザイン

やぱり椅子の構造と同じく、見た目もとてもテクニカルな印象を受けます。いかにも理系の方が使ってそうな、真面目っぽさ、精緻な感じがします。

オフィスと自宅、どちらでも使えるデザインだと思います。

色が4種類ありますが、ブラック以外だとグレーや濃いめのブルーなど、ちょっと似た系統の色が多いのは残念ですね。

ひょっとしてピンクなどの色も出るとユニークな形も相まって、女性人気なども出るかも知れません。多くの人に使って欲しいよい座り心地なだけに、そこが少し残念んではあります。

 

・まとめ

まとめとして、このデスクチェアはとにかく腰痛対策に優れていて、腰痛に悩んでいる人におすすめです。それも綺麗な姿勢で座る事になるので、単なる対策だけでなく矯正になる効果もあると思います。

価格も標準的で、座り心地を考えるとコスパもかなり良いです。

デザインもいろんな場所で使える感じなので、万人向けで、特に腰痛に悩んでいる方に試してほしいデスクチェアだと思いました。

 

・今回紹介したデスクチェア

DUOREST(デュオレスト) DRシリーズ オフィスチェア ブラック DR-7501SP(ABK)

コスパ最強!1万円以下の安いデスクチェアおすすめ10選。

f:id:kumakuma30:20190125140646j:plain

おはようございます。今回は1万円以下とリーズナブルで、しかも体への負担を軽く出来るようなコスパに優れたデスクチェアを紹介したいと思います。

個人としてオフィスや書斎で使うのももちろんオススメですし、なにか会議室などの沢山の椅子を揃えたい場合にも参考にしていただきたいなと思います。

 

目次

 

・1万円以下のおすすめデスクチェア10選!

1.タンスのゲン デスクチェア

サイズ:幅63x奥行65x高さ116~126cm

1万円以下で非常におすすめなデスクチェア。背もたれのS字カーブが丁度よく、腰に優しい構造になっています。

機能面も充実していて、ヘッドレストが頭をしっかり支えてくれますし、ランバーサポートも腰への負担を減らしてくれますね。

見た目もかなりしっかりしていて、1万円とは思えないほどクオリティの高いデスクチェアになっていると思います。

 

2.ナカバヤシ ソフトフィットチェア

サイズ/W60.5×D58.5×H86.5~95.5×SH41~50cm

 シンプル・イズ・ベストなデスクチェア。座り心地はこの価格帯ではピカイチだと思います。非常に背中にフィットする構造で、体圧分散が優れています。腰や肩への負担がとても軽くなります。

まさに装飾などをカットして最小限の機能だけ備え、座り心地に特化したデスクチェアだと言えます。

 

3.Amazonベーシック デスクチェア

 サイズ:奥行き約61cm、幅約61cm、高さ約88?98cm

安くて高品質で定評があるAmazonベーシックのデスクチェア。

何と言ってもレザーの座り心地が好きな人におすすめです。ハリがあってしっかりと体を支えてくれる感じがして、とても良いですね。

色合いも「深みのある黒」で、レザーの質感と相まって非常に高級感がありますね。

 

4.オフィスチェア レザー調

サイズ:幅45×奥行49×高85-93cm

 人間工学に基づいた立体的なデザインが特徴。包み込まれるような非常にフィットする感じの背もたれで、耐圧がしっかり分散されているのが実感できます。

座面の座り心地も良いです。程よい反発で作業がしやすく、長時間座っても臀部が痛くなりにくいです。

そしてレザーで質感が良く、ロッキング機能などの最低限の機能も付いてるので、総合的に考えてとてもクオリティが高い椅子だと思います。

 

5.CEITURA デスクチェア

サイズ:幅65×奥行47.5×高さ119.5-134.5cm

 こちらも座面の座り心地がよく、臀部にフィットして包み込まれるような感触で、長時間の作業でも痛くならないデスクチェアです。

メッシュの素材も非常に良いです。通気性があるので湿度の高いところでもムレにくく、特に夏場なんかはスッキリとした使用感があるのでおすすめです。

また、キャスターもなめらかに動きますね。低価格帯のデスクチェアだと使っている内にキャスターの動きが鈍くなる事がありますが、それはこのデスクチェアの場合は工夫されているようです。

 

6.サンワサプライ OAチェア

 サイズ:W625×D250×H6605mm

とにかく機能性バツグンのデスクチェア。背もたれだけでなく座面にもロッキング機能が付いてて、どんな人にもフィットする角度を探す事ができます。

肘当てやランバーサポートなどが付いてる点も良いですね。まさに座る人によって調節できる椅子なので、複数人で兼用する場合などに非常におすすめです。

メッシュなので通気性も良いです。座る人の事がとてもよく考えられていると思います。

 

7.プラス デスクチェア

 サイズ:奥行63.5×幅61.3×高さ78(cm) 重量11(kg)

肘掛けがないタイプのデスクチェアですね。こちらはクッションの形状が体にフィットしやすいようになってて、座った時のピッタリ感、病みつき感がたまらないです。

やはり細い調節抜きである程度多くの人の体に合うので、会議室用などの複数人で使う場合におすすめです。

シンプルなデザインも非常にグッドですね。オフィスでも自宅でも使えます。

 

8.Hbada デスクチェア

サイズ:幅60×奥行41×高さ86-94cm座面高:43-51cm

素材に「非再生高密度ウレタンフォーム」を採用。硬すぎず柔らかすぎず、とても程よい感触で座り心地が特徴です。

反発も適度にあって座りやすいですね。デスクワークに集中しやすくなります。

肘掛けもL字になってて置きやすいなど、細やかな気遣いが嬉しいデスクチェアです。

 

9.アイリスプラザ オフィスチェア

 【本体サイズ】:約幅59×奥行65×高さ107~115cm

背もたれのS字カーブが「正しい姿勢」を取りやすくしてくれるデスクチェア。

くつろぐタイプの椅子ではなく、姿勢を矯正する感じの座り心地でしょうか。集中したいオフィスなどにはピッタリですね。

作りがシンプルで、とても組み立てやすいというのも特徴かと思います。

 

10.タンスのゲン G-AIR plus

 【サイズ】外寸:幅66×奥行66×高さ107~114cm / 座面の高さ(SH):45~52cm

肘掛け(アームレスト)が動かせるようになってて、収納時などに非常にコンパクトになって便利なデスクチェアです。

オフィスでスペースが限られている場合、一つの部屋で書斎と寝室を兼用している場合、デスクの天板が低い位置にあって普通の椅子だと肘掛けが邪魔で収納できない場合など、非常に助かる場面が多いです。

座り心地や機能性もなかなか良いので、おすすめですね。

 

・まとめ

以上、おすすめの一万円以下のデスクチェアを紹介して来ました!

今回改めてまとめてみましたが、まぁリーズナブルでも質の高い椅子が沢山ありますね。

何かしらこの記事が参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました!

kumakuma30.hatenablog.com

腰痛改善・予防に特化したマットレスおすすめランキング5選。

f:id:kumakuma30:20190115003918j:plain

おはようございます。今回は腰痛改善のためのマットレスの紹介です。

もちろん個人差があるものなので「絶対に効く!」とは断言できませんが(してるマットレス屋が居たら疑った方がいいです)、しかし「このマットレスは腰痛改善のための構造になっている」とか「このマットレスは消費者の間でとても評価が高い」などの話はできるかなと思ってます。

なので一つの目安として参考にしていただければ幸いです。

 

・腰痛改善におすすめのマットレストップ5位!
5位 エムリリー 三つ折マットレス

テレビでも紹介された事のあるマットレス

二層構造になっていて、低反発マットレスの柔らかい寝心地と、高反発マットレスのしっかりと体を支えてくれる寝心地の「いいとこ取り」が可能になっています。

マットレスと言えば人によって向き不向きがあると思うのですが、これは割と万人向けですね。色んな人にマッチしやすいのではないかと思います。

 

4位 MyeFoam マットレス

とにかくコスパ最強!なマットレス。一万円以下でこの寝心地が実現したのは流石と言えます。

安いのですが品質はしっかりしていて、高反発で体全体をしっかりと支えてくれます。頭や腰などに集中しやすい普段を全身に分散してくれますね。

丸めて持ち運べるのもポイントです。収納や引っ越しにとても助かります。

 

3位 アイリスオーヤマ エアリー マットレス

 こちらも高反発なマットレスで、体をしっかりと支えてくれます。

エアロキューブという独自の素材が使われていて、製品体積の約95%が空気で出来ています。これが人の体重に合わせた適度で自然な反発を生み出してくれます。

腰、肩への負荷をしっかり分散してくれますし、とても腰痛対策におすすめですね。

あとは通気性が高く蒸れにくい、カビが生えにくいなどのメリットもあります。

 

2位 マニフレックス 三つ折りマットレス

値段は少し張りますが、機能面だけを見ると最高のマットレスだと思います。腰への負担が見事に分散されるので、翌朝起きた時にすごく楽ですね。

エリオセルの反発・弾力も非常に心地よいです。私も寝付きが悪いタイプだったのですが、このマットレスは寝ている時の不快感を一切感じなくて、ぐっすりと安眠する事ができます。

そしてもう一つ特筆すべき点は、ドイツの工業規格「LGA-GERMANY」の認定を受けるほど、とても耐久性が高いという点です。よくマットレスというと「すぐヘタれる」というイメージの方もいると思いますが、これは普段使っててもヘタれてる感じはしないですね。かなり長期間、使用できると思います。

 

1位 エアキューブ 特殊立体凹凸構造マットレス

 値段、機能面を総合すると最もオススメなのがエアキューブのマットレスです。

クッションにかなり凹凸があるマットレスで、これがどんな体勢でも不思議と体にフィットしてくれます。耐圧が全身に分散される感じがして非常に楽です。

寝ている時特有の圧迫感が緩和され、血行が悪くなる感じが軽減されます。腰痛だけでなく肩こりにも効果があると思います。

 

・まとめ

 以上、腰痛対策におすすめのマットレスを紹介させていただきました!

繰り返しになりますが個人差もあると思うので、この記事は一つの参考程度にしていただければなと思います。

 

関連記事

kumakuma30.hatenablog.com