人生を変えるかも知れない一冊

面白かった本の紹介と、ちょっと趣味の事とか。

小説を読んで人生に深みを!絶対面白いおすすめの3冊を厳選。

f:id:kumakuma30:20170303185158j:plain

おはようございます。皆さんは「読書」についてどう思いますか?

「夏休みの読書感想文でちょっと読んだぐらいだな・・・」という人は、個人的には少しもったいないと思います。

読書とは、普通の人生では経験できない事を追体験したり、作家の優れた感性を通して世界を見る事ができるものです。読書をする事で世界が広がりますし、視野や考え方も広くて深みのあるものになって行きます。

そこで今回は、少しでも多くの人が読書に触れるキッカケを作りたい、また既に読書が好きな人とも良書を共有したいと思い、私が読んできた小説の中から「これは絶対面白い!」という本たちを厳選して紹介したいと思います。

まずは一冊、二冊だけでも試しに読んでいただけると本当に嬉しいです。

 

 1.旅のラゴス 筒井康隆

読書初心者によくオススメされる鉄板の小説。

読み終わった後に「あぁ、旅したなぁ」という充実感を味わうことができます。

読者の情動を掻き立てるのが非常に上手い構成になっていて、普通ならありふれている出来事でも「いやいやそんな事してる場合じゃないだろう!」ともどかしくなるような、独特の緊張感を楽しめる小説です。

世界観もノスタルジックでどこか幻想的で、好きな人にはたまらない。まさに本の世界に飛び込んで見るには最適な一冊です。

 

2.ラッシュライフ 伊坂幸太郎

 一つの街で複数の主人公のストーリーが展開されるオムニバス形式の作品。

強かな金持ちや宗教団体の幹部、独自の美学を持った泥棒など、いろんな切れ者が描かれていて非常に面白いです。

そして複数のストーリーが徐々に一つに集まっていくしっくり感がクセになります。

ラストはまさにトリックに掛かったかのような衝撃を受けます。必ず二度目を読み返して色々と確認したくなるような、そういう小説です。

 

 3.ネバーランド 恩田陸

夜のピクニック」などで有名な恩田陸さんの小説。

 恩田さんの作風を一言で表すなら「青春を描く天才」でしょうか。

あの学生時代特有の懐かしい雰囲気がよく描かれていて、それでいて退屈にはならずにいろんなイベントが起きてハラハラドキドキさせられます。

その中で私が好きなのがこの「ネバーランド」です。とにかく「友達っていいものだなぁ!」と友情の大切さを実感できる、そういう作品です。

 

・まとめ

以上、おすすめの本を紹介して来ました。

ここで紹介したのはオススメしたい本のごく一部で、もっと名著が沢山あるので時間を見つけて随時追記して行きたいと思います。

また、他にもなにか良い小説を見つけた場合も追記したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。なにか少しでもお役に立てれば本当に幸いです。

【初心者向け】失敗しないダンベルの選び方と、おすすめのダンベル3つ。

f:id:kumakuma30:20171127223659j:plain

おはようございます。「自宅筋トレを始めよう!」となった時にまず必要なのがダンベルですが、最初は意外と何を選んでいいのかわからない事が多いですよね。情報不足のまま選んでしまうと、イメージしていたのとは違うダンベルを買ってしまう事も。

そこで今回は失敗しないダンベルの選び方を解説し、その上でおすすめのダンベルを紹介して行きたいと思います。

 

ダンベル選びのポイント

①可変式か固定式か?

 まず注目して欲しいのは、「可変式」のダンベルなのか、「固定式」のダンベルなのか?という点です。

可変式のダンベルとは、このようにプレートを取り外せるダンベルの事です。

可変式のダンベルは一つ買うだけで何段階にも重さを変える事ができるので、一つでいろんなトレーニングが出来るので場所を取らないという性質があります。

また、固定式と比べて重量も重く出来る場合がほとんどなので、本格的に鍛えたい方におすすめです。

次に固定式のダンベルとは、重さが変えられないダンベルです。

こちらは軽くて色がカラフルなものが多く、ちょっと身体を動かしたい女性などに人気です。

ただ本格的に筋トレをしたい場合は複数揃えなければなりませんし、そもそも市販の重たい固定式ダンベルというのはあまり聞いた事がないです。ジムに行くと色んな重さが揃ってる場合がありますが、何にせよ自分で買う自宅筋トレには不向きです。

その上で、固定式で手軽なダンベルが欲しい方には、以下のような5キロ未満のダンベルがオススメです。

さて、今回詳しく見ていきたいのは可変式のダンベルです。可変式のダンベルを買う上で他に気をつける事を見ていきましょう。

 

②重量はどのぐらいか?

 当然気になってくるのが重量ですよね。やはり一番に意識してほしいのが、なるべく重めのダンベルを選ぶという事です。

 と言うのも、軽いダンベルを買って重さが足りなくなってくると後で買い足さなければなりませんし、そもそもプレート単品では売ってないダンベルもあります。

また個人差もありますが、筋肉の成長は思っているよりも早い場合が多いです。特に筋トレ初心者の方はあまり筋肉がない状態からのスタートなので、最初はちょっと鍛えるだけでもどんどん筋肉が付いていきます。

ともかく「大は小を兼ねる」とも言いますが、重いものを買っておいて損はないはです。オススメは左右合わせて60キロ、最低でも40キロですね。これだけあればまぁ大丈夫だと思います。

 

③ラバーの有無

ラバーとは、プレートの外側を包むゴム状のカバーの事です。

これが付いてる事によって、ダンベルを床に置いた時に傷が付きにくくなるでオススメです。逆に言うと、安いダンベルなどはラバーが付いてなくてプレートが剥き出しになってる場合があるので、床に傷が付きやすくてあまりオススメできないです。

また、ラバー付きダンベル以外にも、表面がポリエチレン製のダンベルも床に傷が付きにくいのですが、内容物がセメントの場合が多いです。その場合は後述するようなデメリットがあるので、ポリエチレン製のものを買う時は内容物を確認してください。

 

④素材

最後に素材についてです。ダンベルとは普通は鉄で出来ているのですが、安いダンベルだとポリエチレンにセメントを入れている場合が多いです。

この場合、普通の鉄のダンベルよりもプレートが結構大きくなってしまうので、筋トレする際に邪魔になってやりにくくなる事があります。

また、表面のポリエチレンが破れて中身のセメントが出て来る可能性もあります。

なので使いやすくて長持ちするダンベルが欲しいならば鉄製のものがオススメです。値段もそんなに変わらないし、長く使うものなのであまりケチらない方がいいです。

 

さて、以上の3点を踏まえた上で、初心者の方にオススメのダンベルを3つ紹介していきたいと思います。

 

・おすすめのダンベル3つを紹介!

1.IROTEC ダンベ

定番中の定番。自宅筋トレをしている人で、このアイロテックのダンベルを愛用している人は非常に多いです。

 可変式で取り外しがしやすく、重量も両方合わせて60キロまであり、ラバーが付いてて鉄製という高品質。しかも同じ品質のダンベルの中では値段が少し安いです。

まさに「これを買っておけば失敗は無い」というダンベルだと思います。

 

 2.WILD FIT ダンベルセット

こちらのワイルドフィットのダンベルも定番です。

こちらも可変式で重量が60キロ、ラバー付きで鉄製という高品質。前述のアイロテックのダンベルより少し高いですが、その分ちょっと高級感があり、色も白なので部屋のインテリアに合わせやすそうです。

やはり赤いダンベルが置いてると一気に「男の部屋!」という感じがするので、それが嫌な方はこちらを選んだほうが良いです。まぁ好みの問題ですね。

 

3.アジャスタブルダンベ

このダンベルには初めて見た時に度肝を抜かれました。

通常、可変式ダンベルというのはシャフト(棒)にプレートを入れたり外したりして重さを調節するので、重さを変えるのに2分程度かかります。その一手間が筋トレと筋トレの間では地味に苦痛だったり。

しかしこのダイヤル式のダンベルは、なんとほとんど一瞬で重さを変える事ができます(詳しいやり方はリンク先のページを見てもらった方がわかりやすいです)。

これは本当に圧巻です。ただネックなのが普通のダンベルより値が張るところ。

重さは両方合わせて48キロと60キロより少し落ちますが、まぁ及第点かなと。これ以上の重さを求めると更に値段が上がってしまいます。

他には表面がゴム処理されてて床に傷が付きにくく、中身は鉄製品と、まぁ高品質なのでお金があればこちらを選びたいところです。

 

・まとめ

 以上、失敗しないダンベルの選び方と、おすすめのダンベル3つを紹介させていただきました!

他にも何かおすすめできるダンベルが新しく出てきた場合は、この記事に追加していこうと思います。

何かしら筋トレ初心者さんの参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました!

【着膨れしない】秋・冬のメンズファッションのコツはインナーにこだわろう。

「肌着を着てドヤッ顔の男性肌着を着てドヤッ顔の男性」[モデル:恭平]のフリー写真素材を拡大

おはようございます。

 

よく街中でオシャレな人を見ると、秋冬の寒い時期にも関わらず異常なほど薄着な場合って、あると思うんですよ。

 

一方、自分は服がかなり着膨れしててダサい。オシャレな人は我慢してるのか・・・?と疑問に思いますよね。

 

しかし実際は我慢しているのではなく、インナーにこだわってる場合が多いのです。

 

暖かいインナーを来てると、それだけで体がポカポカしてきます。

 

オススメはモンベルのインナーです。暖かい事で有名な定番中の定番。

 

それと忘れてはいけないのはタイツです。下半身を温める事は非常に重要。

 

足湯なんかもそうですけど、下半身は血流の量が多いので温めるのがとても重要なんですよね。

 

このようにインナーに拘る事で、かなり冬の寒さを凌ぐことができます。

 

着ぶくれを防止したり、厚い服ばかり来なくてよくなるというファッション面に加え、

 

仕事や趣味などで雪が降るような寒いところに行く場合も、やっぱりインナー選びというのは重要になってくるので、適切なものを選んでいただきたいと思います。