黒瀬の書斎。

読んで面白かった本をメインに、お酒や家具についても語ります。

21世紀が誇る大天才!ユヴァル・ノア・ハラリの本おすすめ6冊!

f:id:kumakuma30:20210411112156j:plain

引用:File:Yuval Noah Harari cropped.jpg - Wikimedia Commons

 皆さんはユヴァル・ノア・ハラリという名前をご存知でしょうか。

「聞いた事がない」という人でも、『サピエンス全史』や『ホモ・デウス』という本はご存知かも知れません。

ハラリ氏はイスラエル歴史学者で、上記のサピエンス全史やホモ・デウスなど世界的なベストセラーの著者として有名です。

 とにかくハラリ氏の魅力は「圧倒的な知識量」と「奇抜で面白い発想力」にあります。著書を読むとその知識量に圧倒されますし、その知識から過去や未来をどう考えるのか、という発想も非常に面白いものがあります。

 今回はそんなハラリ氏の魅力に触れていただきたいと思い、上記のサピエンス全史やホモ・デウスも含め、ハラリ氏の著作や共著を紹介して行きたいと思います。

 

目次

 

1.サピエンス全史

ハラリ氏の代表的な著作。「サピエンス全史」の名前の通り、人類のこれまでの「全史」を詰め込んだような一冊です。

一言で歴史と言っても、例えば生物学ならば人類の進化に焦点が当たるし、歴史学ならば政治の動きに焦点が当たりがちだし、哲学史ならば哲学の歴史に焦点が当たりがちです。

しかしこの本は、そういった生物学や歴史学科学史哲学史、社会科学などをごちゃ混ぜにして、すべての学問を俯瞰した上で「人類はこれまでどういった変遷を辿ってきたのか」というのを解き明かそうとします。

読んでいてめちゃくちゃダイナミックで面白いし、何より著者のハラリ氏の知識の凄まじさに圧倒されます。天才と呼ばれる所以はこういったところにあるんですね。

 

2.ホモ・デウス

こちらもハラリ氏の代表的な著作として知られています。

『サピエンス全史』が過去ならば、こちらは未来の話に焦点を当てています。

全体を通して本当に俯瞰的で面白い情報が入ってくるのですが、最後のオチがとにかく素晴らしいです。タイトルの『ホモ・デウス』の意味が終盤になってやっとわかるのですが、とにかく驚かされます。

やはりこういった俯瞰的で奇抜で、しかも説得力があるような主張が素晴らしいですね。これからの世界の流れをずっと先まで見通す為にも、読んでいただきたい一冊です。

 

3.21 Lessons

『サピエンス全史』が人類の過去、『ホモ・デウス』が人類の未来を書いている著作なのに対し、この『21 Lessons』は人類の現在を書いた著作です。

ビッグデータポスト・トゥルースなど、最近の世界のトレンドを詰め込んだ本は、単純にすごく勉強になります。

そしてただ現在の事象を羅列して解説しているだけでなく、全体に大きなテーマがあり、読み進めていくと「現代がどんな時代なのか」というのを実感できる一冊になっています。

やはり過去でも未来でもない現在の話はすごくリアリティがありますね。変化の激しい時代を捉えるためにも非常にオススメな一冊です。

 

4.緊急提言 パンデミック

 「緊急提言」とあるように、ハラリ氏にコロナについてインタビューした非常にリアルタイムな本です。

感染症としてのコロナだけではなく、コロナが社会や人間にどう影響を与えるのか、どうテクノロジーと関係しているのか、という点に注目されていて、非常に画期的な一冊です。

本著だけでも「なるほど、コロナについてこういう見方もできるのか」と感心させられますが、これまでのハラリ氏の著作も読み込んだ上で本著を読むと、深いバックボーンがあってこの本を書いているのが伝わってきます。ぜひとも他のハラリ氏の著作も平行して読み進めていただきたいですね。

 

5.未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

国際ジャーナリストの大野和基氏がハラリ氏を始めとした世界の大物知識人と対談した本です。

ハラリ氏以外にも『銃・病原菌・鉄』を書いたジャレド・ダイアモンド氏や、オックスフォード大学の教授であり哲学者のニック・ボストロム氏などとも対談していて、それぞれの大物たちが世界の未来をどう考えているのか、という事がわかって非常に面白いです。

その中でもハラリ氏の提言はやはり刺激的です。テクノロジーの進歩によって人類社会が激変する様を予言しています。ベーシック・インカムにも言及している点も注目です。

 

6.クリーンミート

 

 こちらの本はハラリ氏は序文を書いているだけですが、ぜひ読んでいただきたいので紹介します。

動物の細胞を培養する事で作られる「クリーンミート」という人工的な肉の話で、このクリーンミートが技術的にどこまで進んでいるのか、普通の肉と比べてどんなメリットがあるのか、社会的にはどういった影響があるのか、などを説いている本です。

読んでびっくりですが、単に人工的な肉が作られるというだけでなく、凄まじい影響が世界にあるんだなぁと。全く知らなかった世界を知れるのは刺激的ですし、一つの社会実験としても非常に面白い本です。

実はハラリ氏はヴィーガンなのですが、このクリーンミートに大きな期待を寄せているのがわかります。ハラリ氏の見ている未来を理解するためにも一つの大きな助けになるので、ぜひ読んでいただきたいです。

 

・まとめ

 以上、ハラリ氏のおすすめの本を紹介させていただきました!

中には共著や序文を寄稿しているだけの本もありますが、とにかく面白いのでオススメです。

やはりハラリ氏の本は非常に刺激的で面白いですね。ちょっと突飛な部分もあるのですが、しかし非常に説得力があり、過去や未来を見るセンスがずば抜けている事がわかります。

ぜひとも皆さんもハラリ氏の思想に触れていただきたいですね。最後までお読みいただきありがとうございました!

実存主義の超大物!ハイデガーの哲学とおすすめの本7冊を紹介!

f:id:kumakuma30:20210404105259j:plain

引用:File:Heidegger 1 (1960).jpg - Wikimedia Commons

 おはようございます!今回はハイデガーの哲学の解説と、おすすめのハイデガーの本を紹介したいと思います。

ハイデガーと言えばウィトゲンシュタインと並んで20世紀を代表する哲学者です。実存主義や大陸哲学を学ぶ上でも避けて通れないほどの超大物です。

しかしハイデガー哲学は超難解だと言われています。沢山いる著名な哲学者の中でも特に難解な人物の一人だとされています。

今回はそんなハイデガーの哲学を解説して行きます。もちろん他の哲学者もそうであるように、ハイデガー自身もいろんな事を言っているので全てはとても解説し切れないですが、その哲学の肝の部分をほんの少しでも伝えたいと思います。

 

目次

 

ハイデガーの哲学とは?何を言った人?

ハイデガー実存主義の哲学者として有名ですが、そもそも実存主義とは何でしょうか。

実存主義は「実存は本質に先立つ」という言葉に代表されるように、人間の実存に注目した哲学です。

例えばコップならば「飲み物を飲む」という本質があり、箸ならば「食べ物を掴む」という本質があって作られるわけです。

一方で人間はどうか?人間は基本的には目的などを持つ前に、気づいたら意識があって、この世に自分が居るわけです。本質よりも先に実存がある、と考えるのが実存主義です。

ハイデガーもその実存主義の哲学者なのですが、中でも「時間」に注目します。

ハイデガーによると、人間は時間の中に投げ込まれたような存在だ、と考えます。

そして人間の実存は有限であり、人間は「死」に向かって進んでいる存在だと言います。

ここで少しハイデガーの生きた時代背景を見ていくと、産業革命後のヨーロッパは急激に工業化が進み、また情報伝達の速度も上がってメディアが発展する事で人間のインプットもどんどん増え、また宗教などの既存の価値観も衰退しつつある時代でした。

要するに人間の主体性や個性がどんどん無くなり、皆が似たりよったりの均一的な存在になり始めた時期でもあります。これは現代の日本にもかなり通ずる点がありますよね。

ここでハイデガーの哲学に戻ると、ハイデガーはそういった人間が均一的になっている状態は良くないと言いました。

そして人間はもっと「死」に向き合うべきであると。人間は普段、仕事に追われたり、インプットが増えた事によって、死に向き合って自分を見つめ直す機会が減っていると。

そうではなく死に向き合うことで、有り体な表現を使うと個性であったり、主体性のようなものを取り戻せるんだ、という事を言ったわけです。

これが超ざっくりと解説したハイデガーの哲学の肝です。ただ、実際のハイデガーはもっと深い事を言ってますし、またいろんな事に言及しています。

そこでここからは、ハイデガーについて書かれた入門書・解説書や、ハイデガー本人の著作などを紹介して行きたいと思います。

 

 ・ハイデガーのおすすめの本7冊!

1.ハイデガー入門 竹田青嗣

ハイデガーの主著である『存在と時間』の解説はもちろん、思想が大きく変わった後期ハイデガーの解説や、ハイデガーを巡る現代哲学の論争まで、とにかく手広く解説しているハイデガーの入門書です。

とにかくわかりやすい。難解なハイデガー哲学をここまでわかりやすくできるものかと感心します。

そしてただの入門書に留まらず、ハイデガーの影響を受けて哲学史がどう動いたのか、という事も理解できるのが良いですね。自身でハイデガーについて考える時にも大きな手助けになります。

著者の竹田さんは非常に有名な哲学者で、著作もたくさん出しているので、興味が湧いた方は他の本もぜひ読んでいただきたいですね。

 

2.ハイデガー存在と時間』入門 轟孝夫

『存在の時間』の解説に特化したハイデガーの入門書。

まず非常にわかりやすいですし、何より「正確さ」があるのが良いですね。具体的に『存在と時間』のどの部分を解説しているのか、というのがハッキリしているので、とても信頼性があります。

 ぜひとも『存在と時間』を読む前に、あるいは読みながらこちらの入門書も読んでいただきたいです。やはり哲学書というのは原著にいきなり当たっても難解すぎる場合が多いので、こういった入門書と一緒に読むのがオススメですね。

 

3.存在と時間 マルティン・ハイデッガー

 言わずと知れたハイデガーのもっとも有名な著作であり、哲学史に激震を与えた名著です。

正直、難解です。というか読んでて意味が完璧に理解できる人はまず居ないと思います。重要なのは何度も読む事で、それによって理解が深まっていきます。もちろん入門書などと並行して読むのがオススメです。

存在と時間』の訳書は沢山出ていますが、中でもこの細谷貞雄さんの本はオススメです。正確に訳せるようにかなり言葉に気を使っているのがわかります。もちろんこの辺は好みなので、他の方の訳書を読んで見るのも良いかも知れません。

 

4.芸術作品の根源 マルティン・ハイデッガー

ハイデガーが芸術について語った一冊です。

もちろん単に芸術批評みたいな事を書いてるのではなく、ハイデガーの哲学を芸術を通して知る事ができる本です。

存在と時間』とは大きく変わったと言われる後期ハイデガーの認識論、真理論が展開されています。

やはり難解ではありますが、ハイデガー本人の著作の中ではかなりわかりやすいとされている本です。

 

5.技術への問い マルティン・ハイデッガー

 ハイデガーが「技術」について語った本。

現代の様々な問題が技術的に解決されたとして、その世界は「パラダイス」だと言えるのだろうか。という、現代にもめちゃくちゃ突き刺さるテーマで書かれた本です。

実際、現代でも環境問題など様々な議論で引用される事の多い本です。ハイデガーが哲学意外にも大きな影響を与えたのがよくわかります。

この本を読むことで「人間は技術とどう付き合うべきか」という事が見えてくると思います。

 

6.形而上学入門 マルティン・ハイデッガー

 形而上学入門!と書いていますが、ほぼ形而上学の要素はなく、ハイデガー存在論の本であると言えます。

冒頭にもあるように、「なぜ一体、存在者があるのか、そしてむしろ無があるのではないか?」と問ういていて、物が存在するとはどういったことなのかを突き詰めています。

こちらもハイデガーの後期の思想がわかる一冊で、講義録なのでハイデガーの著作の中では比較的読みやすいとされています。

 

7.ハイデガーの思想 木田元

 木田元さんという、日本のハイデガー研究の大家が書いた本です。

存在と時間』の解説、後期ハイデガーの思想、そしてハイデガーとナチズムの関係にも切り込んでいます。

非常に面白くハイデガーに対する理解が深まる本です。ただ、わかりやすいかと言われれば他のハイデガーの入門書に軍配が上がるかも知れません。

いろんなハイデガーの入門書や本人の著作を読んだ上で、木田元さんのハイデガー論として読むと面白い一冊だと思います。

 

・まとめ

以上、ハイデガーのおすすめの本を紹介させていただきました!

やはりどれも超難関ですね。というか筆者自身も完璧に理解できているわけではないので、「果たしてこの解説で良いだろうか」と悩みながら書きました。

やはりハイデガーは解説書や訳書が充実しているのが良いですね。哲学そのものは難解ですが、学ぶための環境は整備されていると思います。

ぜひとも皆さんもハイデガーの深すぎる思想に触れていただきたいなと思います。最後までお読みいただきありがとうござました!

中学生や高校生へ!東大生も実践した効率的な勉強法の本おすすめ7選!

f:id:kumakuma30:20200529090809j:plain

 おはようございます!今回は勉強法の本のおすすめです。

勉強は闇雲にやるよりも、まず「しっかりした勉強法」を身に着けてからやるのが良いです。

効率的な勉強法とそうでない勉強法とでは、長い年月を掛けて大きな差が出て来てしまします。

そこで今回は勉強法の本を紹介したいのですが、それに当たって以下の2点を意識しました。

・本を書いている著者が受験や仕事などで成果を出している事。

・ありきたりな方法だけでなく、目新しい情報が載っている事。

この条件に会った本を厳選しました。

それでは早速、勉強法の本を紹介して行きたいと思います。

 

目次

 

1.夢を叶えるための勉強法

「東大王」という番組に出演している鈴木光さんの本です。

番組を見ればわかるように、鈴木さんはとにかく知識量が凄まじく、かつ東大現役合格や司法試験予備試験なども合格している秀才です。

そんな鈴木さんですが、もともと何か特殊な能力を持っていたわけではなく、堅実に努力を積み重ねて知識などを身に着けて来た事が本書を読むとわかります。

 まず目標を立てる、知識を自分のものにする、学びの場を作るなど、当たり前に思える事でも一つ一つ意識すべき事があって、そのどれか一つが欠けても上手く行かない。そんな方法がたくさん書いてあります。

ぜひとも勉強を始める前にぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

2.最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

勉強の効率を上げるための方法が徹底的に詰まった本です。

DaiGOさんの本の良いところはエビデンスがしっかりしているという点ですね。彼の本もyoutubeの動画もそうですが、すごい数の論文を読み込んでいる事がわかります。

どれもわかりやすくて実践しやすい内容が多く、読んだその日から勉強の効率がどんどん上がっていくと思います。非常にオススメです。

 

3.独学大全

「独学大全」と書いてますが、独学だけでなく学校などで学んでいる人にもぜひ読んでいただきたい一冊。

著者の読書猿さんは謎の人物ですが、とにかく恐ろしいほど知識があって、思考や論理などについて独自の研究をされている方です。どんな方が知りたい方はまずブログを読んでいただきたい。

ともかく本著がどういう人にオススメかといえば、とにかく勉強が苦手な人です。もう勉強を諦めてしまいそうな人にこそ読んでほしい。

とにかく知識に対する執着が恐ろしい一冊で、読む事で「こんな方法があったのか」と思い知らされます。勉強で行き詰まった時にどうアプローチすればいいかというのを徹底的に解説している本です。

 

4.東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法

タイトルの通り、東大医学部に入って司法試験まで合格したという、恐ろしい著者が勉強法を書いた本です。テレビなどでは「大医学部の神脳」などと呼ばれている人物ですね。

こう「そんな天才すぎる人物の勉強法は真似できない」という人がいます。確かにこれを読むことで全員が東大医学部に合格して司法試験まで合格できるとは限りませんが、やはり勉強法がすごく参考になる事は事実ですし、参考にする事で学習の効率が上がっていくのは確かです。

「逆算勉強法」や「幸福の最大化」や「幹と枝葉のイメージ」など、著者独特の概念が詰まっていて、非常に目から鱗な一冊です。ぜひ読んでいただきたい。

 

5.勉強大全

東大のクイズ王と呼ばれる伊沢拓司さんの本。

受験生はもちろん、社会人などにもオススメできる本です。単なる受験の本ではなく目標達成を目指したり問題解決をする上で普遍的に使えるような、そういう思想やノウハウが書いてあります。

この伊沢さんも元々天才というわけではなく、むしろ色々考えながらコツコツと努力を積んできたのがわかります。意外にも読むとスッと心が楽になるような、そういった本でもあります。

 

6.一生の武器になる勉強法

子どもでも読みやすい本で、中学受験などを目指すお子さんや保護者の方にオススメです。

勉強ってまず何をどうすればいいのか、という事を教えてくれる本です。見落としがちな点が詰まっているので為になります。

何よりとにかくわかりやすく読みやすいです。著者の葉一さんは教育YouTuberとして有名で、とにかくわかりやすい事で有名です。本著も誰でも理解できるように勉強法を問いてくれています。

 

 7.ムダにならない勉強法

脳科学に裏打ちされた「効率的な勉強法」を書いている本です。

勉強をする上でも時間のムダとか、お金のムダとか、労力のムダが発生してしまいがちですよね。

この本はそういったムダを排除しつつ、本当に身につくための勉強法を説いてくれています。

なんか勉強しているのに伸びた気がしない、暗記がとにかく覚えられない、という方に読んでほしい本です。着実に効果が出る勉強法が学べます。

 

 ・まとめ

 以上、おすすめの勉強法の本を紹介させていただきました!

やはりどの本も単に受験で役立つだけでなく、本当に効果がある勉強法を説いて人として着実に成長できるような、そんなところを目指している本が多いと感じました。

学生の方向けに書いた記事ですが、社会人の方にもオススメできる記事になったなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!