読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海底都市

人生に刺激を。

哲学ってなんの役に立つの?という疑問への6つの答え。

哲学

おはようございます。

 

前回、コチラの記事で「哲学ってそもそも何かに役立てる為にやるのではないんだよ!」という事を説明しました(未読の方は良ければご一読ください)。

kumakuma30.hatenablog.com

 

しかしそれでも哲学はビジネスや仕事にも役立ちますし、社会を正しい方向に導き安定させる事にも役立ちます。

 

今回はそういう通俗的な意味でも哲学は役に立つという事を、6つの理由を挙げて説明していきたいと思います。

 

1.物事を正確に見れる

哲学って、ありとあらゆる不確定要素を取り除くんですよね。

 

つまり「わからない」事はわからないとハッキリさせるし、本当はよくわかってないけどわかった事にして話を進めてる部分があれば、そこをハッキリ自覚するんです。

 

たとえば哲学には「独我論」という有名な考え方があるのですが、その独我論によるとこの世界が本当に存在しているかどうかも「わからない」のです。

 

しかもその独我論、今だにハッキリとは否定されて無いんですよね。つまりこの世界が本当に存在するかどうか、ハッキリと証明できた人は人類史上一人もいないんです。

 

しかし、ハッキリとは証明できなくても恐らくこの世界は存在するし、(哲学以外の学問がほとんどそうであるように)この世界が存在するという前提であれこれ考えるのは決して無駄じゃないはず。

 

でも、その場合も「本来はあるかどうかわからないけど、あるという前提にしている」という事を自覚して話を進めていくのが哲学なんですね。

 

この哲学の考え方は、実際に社会でも非常に役に立ちます。

 

一つの事象に対して「確実にわかっている事はなにか?」「確実視されがちだけど実はわかっていないものはなにか?」「確実にはわかってないけど議論の末に前提として認められてるものはなにか?」を整理しながら考える事ができます。

 

2.他者の考え方がわかる

ここで言う「他者の考え方」というのは、2つの意味があります。

 

一つはいろんな立場を知ることによって、他者の立場を分類できるということ。

 

例えば「俺って人生に深い意味を求めずに、ただ楽しく生きていければいいんだよね~」みたいな事を言う人は「あ、この人は能動的ニヒリズムだ!」とか。

 

それとか「俺は他人が敷いたレールを走るのはごめんだぜ!自分で自分の道を切り開いてやる!」みたいな人は「あ、ちょっと実存主義的な人なんだな」とか。

 

逆に「人間は、社会全体の中でどういう役割があるかで決まっていくんだ!」みたいな人は「構造主義的な人なんだなぁ」とか。

 

「お前、あんまり意味のない事を深く考えても仕方ないぞ」という人は「プラグマティズムなんだなぁ」とか。

 

とにかく世の中には意味不明な、何を考えてるかわからない人間というのは多いですが、哲学を勉強するといろんな立場に分類する事ができる。そしてそれぞれの立場の考え方は哲学者によって是非が問われ続けてきたし、実際に社会を動かして成功や失敗に導いた例もあるんですよね。

 

他人の意見や考え方をそう捉えると、得体の知れない怪物を相手にするよりは全くやりやすいわけです。

 

そして他者の考え方がわかるもう一つの理由は、意思決定のプロセスそのものがわかるという事です。

 

特に最近の「心の哲学」なんかがそうですが、人間の意思そのものが研究対象になったりするんですよね。

 

もちろん神経科学とか心理学なんかも絡んできますし、哲学初心者さんに取っても面白い分野かも知れません。

 

3.常識に囚われなくなる

 「哲学とはなにか?」と問われれば、学者の間でもいろんな答え方があるでしょう。

 

少なくとも私はいろんな人がいろんな説明の仕方をしてるのを見てきたのですが、やはりそうやって定義してしまうと成り立たないのが哲学だと思います。

 

哲学以外の学問には「自明な事」とされている定義がありますが、哲学にはそれがない。だからいろんな事を考えられるのだと思います。

 

これはソクラテス以来、哲学にずっと共通してる点だと思います。ソクラテスは「善とはなにか?」みたいな、社会で当たり前のようになってる事を疑いだしたわけです。

 

つまり倫理とか道徳とか、そういうものに一切囚われないのが哲学です(これは倫理や道徳を否定するわけではありません。また哲学に限らず、どんな学問も「社会にどう反映させるか」というのは全くの別問題です)。

 

世の中にはよくよく考えてみるとおかしな事が常識として動いているんですよね。

 

大半は特に意味もない常識か、世の中を回す為に必要な常識もあるのですが、ひょっとするとビジネスやアイデアに繋がるような気づきもあります。尤も、それを行動に移すのも難しいのですが、行動力のある人にとっては本当に哲学は武器になるかと。

 

また常識を疑うという事は、騙されにくくなるという事にも繋がっていくと思います。

 

たとえば詐欺師や、多少盛ってる広告や噂などは、物凄い説得力がある場合が多いんですよね。

 

さも「論理的に考えたらこうなるだろう」とか「一部の世界ではこういう事が常識になってるんだ」みたいな口調で語りかけてくるわけで、そういうのが見抜きやすくなるというメリットもあると思います。

 

4.思慮深くなる

つまり物事を深く考えられるようになるという事です。そりゃもう、驚くほどに。

 

世間でのイメージもそうかも知れませんが、哲学者ってめちゃくちゃ考える人達なんですよね。なんか一日中部屋に篭もるとか、そういう話には事欠きません。

 

でもそれって、哲学者本人の資質というよりも、哲学のテーマが本当に考え込んでしまうようなものなんですよね。

 

私の経験則で申し訳ないですが、私も本を呼んでも1ページぐらいしか集中力が続かず、とにかく同じ場所に座ってられないような少年だったわけです。

 

しかし哲学的な問題(当時はそう自覚してませんでしたが)に気づきだしてからは、気づいたら同じ場所に固まって何時間も考えてたとか、哲学の事を勉強してたら何時間も経ってたとか・・・、そういう事が何度もあったわけです。

 

そして一旦そういう習慣ができてしまえば、他の物事に関しても「そういやこれはどうなってるんだろう?」と考えたり勉強したりできるようになったんですよね。

 

これは大人になってから哲学を学び始める人にとっても同じだと思います。良い哲学書や入門書に出会うと考える材料がたくさん貰えますから、とにかく一つの物事を深く考えたい人には本当に哲学をやってほしい。

 

 5.少々の事では動じなくなる

哲学というのは、本質を見抜く学問でもあると思います。

 

いろんな問題に対して「あぁ、これはあの問題と同じヤツだな」と。

 

もちろん普通の学問もそういうところがありますが、哲学はもっと根源的なレベルでの本質まで掘り下げますし、いろんなものに適用できます。

 

他の学問は専門分野以外ではあまり役に立たない事もありますからね(もちろん、専門分野で役に立っていればそれは十分有意義ではあるのですが)。

 

それに、哲学的問題を知った後では、日常のいろんな事がくだらない事に思えてきます。

 

随分とみんなくだらない事で右往左往してるな~と。なんか上から目線で達観したような嫌な言い方で申し訳ないですが、多分みなさんも哲学を学んでもらえるとわかるはず。

 

少なくとも多くの人達が悩まされている、お金とか、人生とか、人間関係とか、そういう悩みは本当にくだらなく思えてきます。もちろん、だからと言って無気力になるとか、好転しなくなるわけではないです。

 

数々の大きな困難に対峙してきた人が、小さな困難を軽々しく越えてしまうような、そういう感じになります。ほんとに。

 

6.教養が付く

これは文字通りの意味です。単純に有名な哲学者というのは、教養として知っておかないとダメな事が多い。

 

そもそも「哲学者」って、そんなハッキリと分類できませんからね。多くの哲学者は科学者でもあったり、数学者でもあったり、思想家でもあったり、作家でもあったりします。

 

そしてそういう人達が何を見ていたかというのは、科学だけ見ても、思想だけ見てもわからなかったりする。しかし哲学的な考えを聞けば、「あぁ、この人はこういう人だ」とハッキリわかる場合が多いんですよね。

 

そういう意味でも物凄い教養が付くと思います。

 

・まとめ

以上、哲学がなんの役に立つのかを説明してきました。

 

飽くまでこの記事は私が観測した範囲での「哲学ってこういうところに役立ってるな」という部分をまとめたものなので、もちろん個人差もあるでしょうが、きっともっと多くの事に哲学は役立ってるはずです。

 

ここに書いてある事もほんの一部である、という事はご理解ください。

 

読んでいただきありがとうございました!

【ボカロ・歌い手】おすすめの歌ってみた動画、厳選30選 男性ボーカル編

音楽

f:id:kumakuma30:20170313172158j:plain

おはようございます。


今回はボカロの歌ってみたが大好きな筆者が、マイリスの代わりも兼ねてオススメの曲を紹介したいなと思います!


とにかく良い曲ばかり集めてみました!まずは何曲かお聞きください!


1.フリィダム ロリィタ 歌ってみたラ ver.センラ
www.nicovideo.jp


2.WAVE 歌ってみた【そらる】
www.nicovideo.jp


3.【Da-little】虎視眈々 を歌ってみた【梅とら】
www.nicovideo.jp


4.【Da-little】Wonderland(MV)【TIARA】
www.nicovideo.jp


5.妄想感傷代償連盟 歌った 【あらき×nqrse】
www.nicovideo.jp


6.気まぐれメルシィ 歌った 【あらき×ゐづ】
www.nicovideo.jp


7.ARROW ver.Kishin
www.nicovideo.jp


8.とても素敵な六月でした 歌ってみた
www.nicovideo.jp


9.アイラ【歌ってみた】@いすぼくろ
www.nicovideo.jp


10.エンヴィキャットウォーク 歌ってみた【りぶ】
www.nicovideo.jp


11.【オリジナルPV】天ノ弱【ぐるたみん×はしやん】
www.nicovideo.jp


12.シャルル 歌ってみたのはメガテラ・ゼロ
www.nicovideo.jp


13.ECHO 歌った 【あらき】
www.nicovideo.jp


14.背景、夏に溺れる 歌ってみた【りぶ】
www.nicovideo.jp


15.【二息歩行】歌ってみた ver.Gero
www.nicovideo.jp


16.【まふまふ】ロストワンの号哭@歌ってみた
www.nicovideo.jp


17.【ゼブラ】Just Be Friendsらっぷびと
www.nicovideo.jp


18.【Da-little】Ur-Style を歌ってみた【DATEKEN】
www.nicovideo.jp


19.ID/luz×nqrse×ぷす
www.nicovideo.jp


20.レッド・パージ!!! 歌ってみた__
www.nicovideo.jp


21.『About me』を 歌ってみた【ぱなまん】
www.nicovideo.jp


22.夜もすがら君想ふ 歌ってみた【りぶ】
www.nicovideo.jp


23.【ウォルピス社】アサガオの散る頃にを歌ってみました【提供】
www.nicovideo.jp


24.☪『サマータイムレコード』 を歌ってみた。by天月
www.nicovideo.jp


25.【童貞が】ヤンキーボーイ・ヤンキーガール【歌ってみた】
www.nicovideo.jp


26.モザイクロール 歌ってみた【そらる】
www.nicovideo.jp


27.ストリーミングハート 歌った 【あらき】
www.nicovideo.jp


28.ウミユリ海底譚 歌ってみた【そらる×まふまふ】
www.nicovideo.jp


29.【爽快に】エイリアンエイリアン 歌ってみた ver.Sou
www.nicovideo.jp


30.『かなしみのなみにおぼれる』を 歌ってみた【ぱなまん】
www.nicovideo.jp


どうでしょうか。とりあえず思いつく歌を載せてみたのですが、すぐ30曲埋まってしまいました。


なのでうpされた時期などがバラバラなのはご愛嬌。


もっと紹介したい動画が沢山有るのですが、ちょっとページが重くなってしまうので、また別記事で紹介するか対策を考えて追加していきたいと思います。それでは。

長年悩んでた肩こりが完治したので、日課に取り入れたストレッチ等を紹介してみる。

健康・運動・ダイエット

おはようございます。

 

昔は肩こりが酷くて夜眠れない事もあった私ですが、ここ数年ほどは完治したと言ってもいいぐらい肩こりが全く気にならなくなりました。

 

なので日課に取り入れてみたストレッチなどを紹介していきたいと思います。

 

1.肩甲骨はがし

肩こり対策としてはかなり有名ですが、有名なだけあって本当に効きます。

 

やり方はいろいろあるのですが、まずオススメするのはコチラ。

www.youtube.com

 

このように自重を活かして、腕立て伏せのようなポーズで肩甲骨を剥がすのが一番効きました。

 

とてもジワーっと来て、いかにも「効いてる!」という感じがします。

 

他の肩甲骨剥がしよりもシンプルでやりやすい点も良いと思います。

 

それから、ヨガの「後ろ合掌のポーズ」なんかもオススメです。

f:id:kumakuma30:20170310111338j:plain

 

こちらはあまり場所を取らないし、立ったままでも座ったままでもできるので長時間外にいる時などにオススメです。

 

多分最初からこのポーズができる人は少ないと思います。

 

私も最初は腰のところで指を合わせるのが精一杯というほど硬かったですが、上記の自重式の肩甲骨剥がしと共に続けたところ、今では余裕で手のひらがつくように。そのまま合掌をグーッと上に上げれば更に効きます。

 

肩こりを治す上で、この変化はやはり大きかっただろうなと思ってます。

 

余談ですが、最近ヨガにも興味を持って調べたところ、他にもいろんなポーズがあるようです。肩こりだけでなく腰痛や猫背など、なんでも解決できます。

 

一番わかりやすくて簡単で、しかもよく効くヨガが沢山載ってたのは「ずぼらヨガ」という本。おすすめです。

>自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ [ 崎田ミナ ]

価格:1,199円
(2017/3/10 13:28時点)
感想(4件)

 

少し話が逸れましたが、他の肩こり対策も紹介していきます。

 

2.腕立て伏せ

「え?なんで肩こり対策に腕立て伏せ?」と思った人もいると思います。

 

私が腕立てを始めたのは、たまたまネットサーフィンをしてて以下の記事が目に入ったからです。

hadasoku.blog.jp

 

「おいおい、ソースはまとめかよ」と言われるかも知れませんが、騙されたと思ってやって欲しい。

 

私もこの記事を読んで何年かぶりに腕立てをしましたが、本当に肩や腕がパキパキと鳴ってスーッとしました。

 

また大胸筋を刺激するのがとても気持ちよくて、肩こりにも凄く効きます。

 

たぶん、筋トレをすると血行がよくなるので、大胸筋という大きな筋肉や腕などの血行が肩こりにも関係しているのかも知れません。

 

また、鎖骨の下辺りを思いっきり刺激できるのも肩こりに良いそうです。実際そういうツボもあるそうです。

 

とにかく騙されたと思って10回ぐらい、膝をついてもいいのでやってください。

 

実際私はこれで腕立てにハマって継続してしてますが、それも肩こり解消に一役買っているだろうなと思います。

 

またまた余談ですが、プッシュアップバーを買うと筋肉の可動域が全然変わってきます。

>プッシュアップバー腕立て伏せ 腕立て 器具 筋トレ 腕 トレーニング プッシュアップ バー ダイエット 上半身 二の腕 引き締め 背中 トレーニング器具 筋トレ器具 筋肉 トレーニング マッスル 器具【送料無料】【05P03Dec16】

価格:1,270円
(2017/3/10 14:36時点)
感想(196件)

 

もともと私は筋肉を大きくしたかったので、普通に肩こりを治したい人はここまでやる必要はないと思いますが、上半身を広く、胸筋はかなり深部まで刺激されてる感じがあって、すごくクセになってしまいました。

 

もちろん普通の腕立てでも十分なので殆どの人はここまでする必要ないと思いますが、一応買ってよかったと思う物なので紹介させていただきました。

 

 3.半身浴

肩こりについて、wikiで調べると以下のような内容が書いてあります。

 

この症状に対する原因には諸説あるものの、確定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などと並んで不明な点がとても多い疾患となっている。

長時間、背中が緊張するような姿勢をとり続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、ショルダーバッグ冷房などが原因とされる[1]。それらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋上後鋸筋菱形筋群・板状筋脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられている。 或いは、筋肉を包む筋膜に出来る皺(しわ)が原因となる場合もあることが、最近分かってきた。

 ―wikipedediaより引用。

 

「循環障害」とは「血液やリンパの循環が阻害されることにより臓器や組織に障害が生じること」だそうです。wikiにある「酸素や栄養分」を運んでるのも血液なので、ここでの「循環障害」は血行不良の事だと見て間違いなさそう。

 

詰まるところ、肩こりとは筋肉が固くなる事で血行が悪くなる事が原因だそうです。

 

なのでこれまで筋肉をほぐしたり刺激を与える方法を紹介して来ましたが、他にも食事を見直したり体を温めることで血行を良くするのも(それだけでは根本的な解決にはなりませんが)かなりの効果はあるはず。

 

そこでオススメするのが半身浴です。

f:id:kumakuma30:20170310192817p:plain

なぜ半身浴をオススメするかと言えば、個人的に手軽だし楽だし続けやすいからです。多分日本人のほとんどは風呂に入るので、その時間を長くすればいいだけですからね。

 

また、風呂上がりに他のストレッチなどをやる事で相乗効果が期待できます。僕は先程も書いたように肩甲骨剥がしを風呂上がりにしてます。

 

注意点としては、水分は十分に取ってください。風呂に入る前にコップ一杯の水を飲みましょう。

 

4.その他、細かいマッサージなど

不思議なことに、体というのはいろんな部分が繋がってるんですね。足つぼマッサージが全身に影響を与えるのもそのわかりやすい例です。

 

そこで私は定期的にというわけではありませんが、思い出した時にやっているのが以下の事です。

 

・頭皮のマッサージ。お風呂の中でたまに頭皮を触って、カチカチになっていたら柔らかくなるまで手でほぐす。

・目の周りの筋肉がこらないように、一点だけを見つめるのは避け、たまに視界の端(上下左右)をギリギリまで見るようにして目玉を動かす。ブルーライトをカットするメガネなんかも効果的かも。

・足の血行も全身の血行に直結する。ふくらはぎをマッサージしたり、屈伸などをする。

・ツボを押さえる。個人的なオススメは首の後ろの「天柱」と「風池」や、鎖骨の下の押すと痛い部分などをグーッと押す。

 

これらの事を、適当に気が向いた時にしてます。どれも週に一度やるかやらないかぐらいのペースで。

 

これらの細かいストレッチもすると気持ちがいいし、効果が出てると思います。

 

5.まとめ

以上、いろんな肩こりの対策法を紹介してみました。

 

これらの方法は、実際に肩こりが酷かった私がやってみて効果があったものを厳選してます。おかげで今では肩こりが全く気にならない生活を送れています。

 

しかし逆に言うと人によって効果の有無は違うかも知れませんが、とにかく物は試しにとやっていただけると幸いです。

中高生・大学生にもオススメ、本当に人生が変わる本、必読書12冊。

書評

f:id:kumakuma30:20170303185158j:plain

おはようございます。

 

私事ですが、読書家の友人や知人達と話をしていると「この本にもっと早く出会っておけばよかった」という本を、皆さん大抵は1冊以上持っておられます。

そこで今回は私自身が大きく影響を受けた本、そして世間でも名著と言われている本などを厳選して紹介します。

「中高生・大学生にもおすすめ」と書いてますが、これは「人生においてなるべく早く読んでほしい」という意味で、もちろん全年齢の人におすすめできる本を集めました。騙されたと思って数冊読んでみてください

 

●科学・哲学のオススメ本

これまでの自分の世界観や価値観が全てひっくり返ってしまうかも知れない本。

 

1.〈意識〉とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤 (講談社現代新書

>〈意識〉とは何だろうか [ 下条信輔 ]

価格:799円
(2017/2/28 16:10時点)
感想(2件)

タイトル通り、神経科学(脳科学)に関する本です。

 神経科学の本をオススメするのは、唯物論的なものの見方ができるようになるからです。

つまり「心」というものが、魂みたいなスピリチュアル的なものではない、という事が様々な実験例を見てると実感できるからです。

この時点で衝撃を受ける人はいるかも知れませんが、知ってたという人も多いでしょう。

数多くの神経科学の本の中からこの本をオススメするのは、いろんな神経科学の本を読んでると、心や意識というものがなにか掴み所のないものに思えてくるからです。

なぜなら心や意識は直接的には脳が生み出しているわけですが、もちろん脳はいろんなものの影響を受けるからです。

この本は、その辺のややこしさをかなりハッキリと整理しながら進めてくれるのでわかりやすい。

少し1999年出版という古さが気になるところですが、現在(2017年)の最新の精神科学を踏まえても殆ど間違いがないので、普遍的な神経科学の考え方をまとめてくれていると思います。

 

2.単純な脳、複雑な「私」 または、自分を使い回しながら進化した脳をめぐる4つ (ブルーバックス

>単純な脳、複雑な「私」 [ 池谷裕二 ]

価格:1,296
(2017/2/28 21:02時点)
感想(3件)

もう1冊だけ神経科学の本を。

こちらは「自由意志」などの問題を掘り下げている本です。

「自由とは何か」という問を考えた事がある人なら、神経科学的な「自由」の説明に驚かされるはずです。この本の著者、池谷裕二さんの本はいろんな実験の話が多く、情報源もしっかりしているのでオススメです。

神経科学に興味が湧いてきたという人には、ぜひ読んでいただきたい。

 

3.時間はどこで生まれるのか (集英社新書

>時間はどこで生まれるのか [ 橋元淳一郎 ]

価格:712円
(2017/2/28 21:27時点)
感想(14件)

今度は物理学の本です。

数ある物理学の本の中からこれをオススメするのは、量子力学が扱うミクロな世界についてわかりやすく書かれているという点です。

分子や原子や電子などの非常に小さい物質というのは、我々の常識に反した動きをするんですよね。その辺が本当に詳しく書かれています。

またエントロピーの法則なども出てきて、時間や空間や生命について物理学的に触れていく、というテーマの本です。

物理学(特に量子力学)に触れたことがない人にとっては、世界に対する認識が大きく変わるのは間違いないですね。

こういう哲学的なテーマに触れた物理学の本は割りと少ないので貴重だと思います。

数式なども出てきますが簡単なものですし、わからなくても要点はちゃんと文章で説明されてるので割りとわかりやすいはず。

 

4.重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書

>重力とは何か [ 大栗博司 ]

価格:950円
(2017/3/2 15:41時点)
感想(30件)

こちらも物理学の本ですね。

こっちはどちらかと言うと「重力」や「ブラックホール」などのマクロ(非常に大きい)世界の説明に力点が置かれた本ですが、「超弦理論」などのミクロの世界にも触れられていて、マクロな世界とミクロな世界がどう結びつくのか?という、宇宙全体を包括的に説明している本です。

この本を読んだのは数年前だったと思いますが、かなり最新の宇宙の姿が書いてあって、趣味程度に物理学をかじっていた私は「こんなに進んでるのか」と驚いた記憶があります。

今でもそんなに古くない、むしろ誰にでもわかる物理学の啓蒙本としてはざっと見た限り新しい方なので、ネットサーフィンで物理学をかじってる人などに取ってはかなり革新的な情報が詰まってると思います。

 

5.方法序説岩波文庫

>方法序説 [ ルネ・デカルト ]

価格:561円
(2017/2/28 16:26時点)
感想(12件)

読んだことがある人は、もしかすると「ちょっと難しすぎない?」と思ったかも知れませんが、これもどうしても読んでほしい。特に若い人に。

確かに難しい。というか、私も哲学を専攻してないので、完璧に正しく理解できてるかと言えばかなり怪しい。

しかしこの本の何が凄いかと言えば、デカルトが自分の哲学を打ち立てるまでの過程が書かれてあるという事なんです。

知らない人の為に説明しておくと、デカルトは「近代哲学の祖」とも言われる哲学者です。近代以降の哲学にもっとも影響を与えたかも知れない人物です。

また数学者としてもかなり偉大な人物だそう。とにかく超大物なんです。

そんなデカルトが真理に至るまでの道のり、考え方が書かれている本なので、完璧には意味がわからなくても、何とか食らいついて読むと学べるものがあるはずです。

ちなみに私も、中学生ぐらいの時にわからないなりに精一杯読みましたが、一部わかったところは人生に凄く大きな影響を与えられたと思っています。

もちろん哲学そのものも、「独我論」という超重要で深い問題と、その問題に対して現代でもこれ以上ない答えが書いてあります。

そういう面でも感受性の強い人は人生を大きく動かされるかも知れませんし、哲学書全般に言えることですが「あぁ、俺も漠然とこんな事考えてた」という感覚を覚える人もいるかも知れません。

 

 自己啓発のオススメ本

人間関係や人生に悩んでる人向け。

いろいろ読んでみて「これは響く人には響くんだろうなー」というのを纏めてみました。

 

6.道は開ける文庫版

>道は開ける文庫版 [ デール・カーネギー ]

価格:756円
(2017/3/3 19:01時点)
感想(2件)

 デール・カーネギー氏の有名な著作。

やはり沢山読まれているだけあっていい本です。いろんな自己啓発本の要点がギュッと凝縮されてるなぁと思いました。

とにかく細かい事でクヨクヨ悩んでしまう、という人にオススメです。

また、非常に読みやすいのも良いと思います。私も昔はグチグチと悩んでたので、中学生ぐらいの時にこの本に出会ってたらなぁ、なんて思う本です。

 

7.人を動かす文庫版

>人を動かす文庫版 [ デール・カーネギー ]

価格:702円
(2017/3/3 19:13時点)
感想(7件)

 こちらもデール・カーネギー氏の有名な本です。

人間関係について書かれた本ですが、こちらは特に悩み事がない人でも「あぁ、こんな事やってしまってるなぁ。気を付けないと」という、参考になる点が多々ある本でした。

人間関係で悩んでしまう人にとっては目からウロコな話が詰まってます。特によく周囲の人に怒ってしまう、という人にはオススメかも知れません。

 

8.野心のすすめ (講談社現代新書

>野心のすすめ [ 林真理子 ]

価格:799円
(2017/3/3 19:17時点)
感想(44件)

林真理子さんの著作。

厭世的な人は一度読んでみてほしいなぁ、と思います。

つまり、社会的な成功を目指さず「細々と生きていこう」という人(実は私もそうですが)、そういう人生もいいんだけど、社会的な成功を貪欲に目指して実際に成功した人の話を一度は読むのもいい事でしょう。何かしら感化されて大きく変わる人もいると思います。

 

9.夢をかなえるゾウ文庫版

>夢をかなえるゾウ文庫版 [ 水野敬也 ]

価格:699円
(2017/3/3 19:29時点)
感想(132件)

ドラマにもなった本。成功したい主人公にガネーシャという像の神様がアドバイスする物語です。

最初は一見奇妙なアドバイスばかりするのですが、だんだん読んでいる内に真っ当な事が書かれている事に気づきます。

要するに成功するには行動しろと。その行動への移し方をいろいろアドバイスするんですね。明後日な方向に努力しがちな人にオススメです。

 

●小説のオススメ本

単純に面白く、しかも人生に刺激を与えてくれそうな本。

 

10.世界をだました男 新潮文庫

>【中古】 世界をだました男 新潮文庫/フランクアバネイル(著者),スタンレディング(著者),佐々田雅子(訳者) 【中古】afb

価格:108円
(2017/3/4 13:51時点)
感想(0件)

これは映画化もされた小説で、私は映画が面白かったので原作も読んでみたのですが、非常に良かった。

主人公のフランク・アバグネイルが小切手詐欺をしながら、身分詐称でパイロットをしたり医者をしたり弁護士をしたりするのですが、その具体的な描写が書いてあって面白い。

また投獄された時のフランスの刑務所の描写も読んでるだけで冷や汗が出てきます。

とにかく普通の人には滅多にできないであろう色んな体験が書いてあるのでオススメです。

 

11.夜のピクニック

>夜のピクニック [ 恩田陸 ]

価格:1,728円
(2017/3/4 14:19時点)
感想(10件)

多くのサイトで紹介されてる本ですが、確かに良い本です。

学生特有の心境や雰囲気がうまく描写されてて、青春って素晴らしいなぁと再認識させられます。

今現在学生の人にも「悔いのないように過ごそう」と思えるような小説ですし、大人にとっても懐かしさを感じたり、逆になにか胸が締め付けられるような感情を起させる、そういう小説です。

 

12.旅のラゴス

>旅のラゴス改版 [ 筒井康隆 ]

価格:529円
(2017/3/4 14:26時点)
感想(30件)

 こちらも色んなサイトで紹介されてる本ですが、やはり面白い。

なんというか、すごく独特なもどかしさのようなものがあります。

主人公・ラゴスの旅の途中から物語が始まるわけですが、その旅で知り合ってた少女を故郷に帰してから旅を続けていくわけです。

その少女にも早く再会しないといけないし、旅の本来の目的も非常に大事なのですが・・・、いろんな事に巻き込まれて時間を空費したり、意図せず周囲の人達を大きく動かしてしまったりと・・・、とにかく色んな大事件が次々起きるんですよね。

なんかあまり言うとネタバレになるので上手く説明できませんが、とにかく面白いです。後半は続きが気になって一呼吸も置かずに読んでしまいます。

世界観もノスタルジックで幻想的で美しいし、SF要素もあるし、未読の方はぜひ読んでいただきたいなと思います。

 

 

以上、オススメの本12冊を紹介してみました。

 

しかしまだまだ人生が変わるような素晴らしい本はたくさんあるので、機会があればまた紹介するかも知れません。

初心者にもおすすめ、クラシックの名曲5選!【随時追加】

音楽

おはようございます。

 

クラシックを趣味で聞いてる私ですが、あまり小難しい話はわからないけども、それなりに多くの曲を聞いてきた中から「これはすごい!」と思った曲を紹介したいと思います。

 

同じくライトな層の方々に、難しい話は抜きで圧倒される曲を紹介できたら良いなと。

逆に凄く詳しい人から見ればかなり陳腐な評論になるかも知れませんが、恐れながらも書かせていただきたいと思います。

 

1.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 第1楽章

www.youtube.com

よく初心者向けの曲として紹介されるラフマニノフ

非常に壮大な部分と、ロマンチックで美しい部分が同居していて、思わず聴き込んでしまいます。

 

2.ショパン 別れの曲

www.youtube.com

有名な曲。

美しくて、ちょっと控えめでゆったりな感じがして、疲れた聞きたくなります。

 

3.交響詩 ローマの松 第2部 カタコンバ付近の松

www.youtube.com

この曲は最初聞いたとき驚きました。

最初の重々しい感じから、だんだん迫力が出てきて圧倒されます。

 

4.モルダウ「わが祖国」より

www.youtube.com

モルダウ川の上流から下流に向かって流れる様子、川の情景をイメージしている曲だそうです。

そう聞くと、なんだかいろんな景色がイメージできて面白い。

 

5.ショパン 革命

www.youtube.com

非常に慌ただしくて情熱的で、決起迫る感じのする曲です。

辻井伸行さんの見事な演奏にもご注目していただきたい!

 

 

以上、まずは5曲を紹介してみました。

 

何かしら皆さんのお気に召す曲があれば幸いです!

 

まだまだ紹介したい曲があるので、この記事は随時更新する予定です。

【将棋】ガチで勝てる最強の戦法を考察してみる。

将棋

将棋で一番強い戦法は何なのか?将棋を指した事がある人なら一度は考えると思います。

 

「相性による」「自分に向いてる戦法が最強だ」と言ってしまえばそれまでですが、

 

やはり多くの戦法に対して優位に立てる戦法はあるでしょうし、多少向き不向きがあっても誰でも勝ちやすいと思うんですよね。

 

そんなわけで、今回は将棋の最強の戦法とはなんぞや?という事を考察して行きたいと思います。

 

・大まかな戦法の歴史

ではまず、これまでの将棋の歴史で、どんな戦法が戦略的に優位だとされ主流となってきたのか?を大まかに説明し、共通点を見出していきたいと思います。

 

名人位の世襲制が廃止され、将棋が近代化してから、将棋界の大きな流れは2つあったと思います。

 

一つは、大山康晴升田幸三などが鎬を削っていた時代。

 

この時代には、これまで将棋の戦法は居飛車が王道だとされていたのですが、大山氏も升田氏も振り飛車を使ってタイトルを席巻しました。

 

なぜ振り飛車が猛威を振るったのかと言えば、居飛車VS振り飛車という対抗型の戦いになった場合、振り飛車の方が美濃囲いなどの囲いが硬いからです。

 

そしてもう一つ、将棋の歴史での大きな動きといえば、羽生さんが出てきて「羽生世代」と呼ばれる人達が猛威を振るったときでしょう。

 

この時には、居飛車穴熊という戦法が台頭して、振り飛車は相当不利な戦法だとされていました。

 

居飛車穴熊振り飛車の美濃囲いなどよりも囲いが硬いのです。

 

こうやって見ると、将棋では「囲いが硬い戦法」が最強だとされていたのがわかります。

 

やはり囲いが硬いほうが終盤などでは相当有利になるので、それまでに大差がついていなかった場合、硬いほうが勝つ傾向にあるんですね。

 

・その上でどの戦法が最強なのか?

その後、将棋界では居飛車穴熊への対抗策がいろいろ出てきて、振り飛車党もぼちぼち幅を利かせています。

 

その対抗策に共通するのは、「藤井システム」を始め、「とにかく穴熊に組ませない」という点なんですよね。

 

やはり穴熊に組ませなければ、振り飛車側が有利になる傾向になります。

 

その最も手軽な方法だと私が思うのは、「角交換四間飛車」です。

 

その名の通り、角交換をした上で飛車を振って四間飛車を展開していきます。

 

角交換をすると角の打ち込みに注意しなければならないので、駒が端っこに集中する穴熊には組めなくなるんですよね。

 

だから相手が居飛車の場合、矢倉などの横からの攻撃には弱い囲いにせざるを得ないわけです。

 

逆に美濃囲いは相性がいいので、振り飛車有利となるわけです。

 

弱点としては、相手がいきなり角道を防いで来たらできません。その場合は別の居飛車穴熊対策を取るか、大人しく居飛車を指しましょう。

 

振り飛車の場合は効果が薄いですが、角交換しての相振り飛車はなかなかないので、定跡をよく覚えておけばこちらが有利になりそうです。

 

あと「筋違い角」などのハメ手には注意してください。

 

・結論

そんなわけで、この記事では角交換四間飛車が多くの戦法に対して優位に立てる、最強の戦法だと結論付けたいと思います。

人はなぜ生きるのか? ~サルトルの「実存は本質に先立つ~

哲学

こんばんは。突然ですが、皆さんは「人はなぜ生きるのか?」と考えた事はあるでしょうか。

 

多分、この問を持つ多くの人は、そこら辺のオッサンの「俺は酒を飲むために生きてるんだ!」というような(それはそれで良いのですが)、人生観的なものは求めてないと思うんですよね。

 

もっと人類全体に共通するような、普遍的な本質としての「生きる意味」を模索してると思うのです。

 

そこで今回は、その「生きる意味」を考え中の人にもそうですが、考えて自分なりに答えが出たという人にも刺激になるかも知れないので、哲学的に「人はなぜ生きるのか」を解説したいと思います。

 

実存主義的な考え方

 

「人はなぜ生きるのか」という問に答えを出すために、実存主義という思想に則って考えてみましょう。

 

たとえば、コップという存在を考えた場合、まずは「水を飲む」という目的があって作られてるわけですよね。

 

これはコップだけでなく、スプーンとか、パソコンとか、なんでもそうです。

 

目的があって工場などで作られるわけです。

 

こういう目的を実存主義では「本質」と言います。

 

また、コップやスプーンや、人間もそうですが、そういう存在するもののを事を「実存」と言ったりします。

 

 

 

では人間はというと・・・、よく考えると「目的」ってありませんよね。

 

聖書の中では、人は神様によって作られたそうですが、現実は違いますよね。

 

私は生物学には詳しくないのですが、人って猿から進化して、気づいたら言語を操ってたわけですよね。

 

そして言語によって「人はなぜ生きてるのか」なんて意味を考えていたと。

 

言語を持たない犬や猫は「我々はなぜ生きるのか」なんて考えません。

 

つまり人には作られた目的なんてないのに、その目的を考えても答えは出ません。

 

つまり人が生きていく普遍的な意味は無いのです。強いて言えば自分で選び取って行くしかない。

 

つまり人間の場合は(先程の文章を思い出して欲しいのですが)、実存が本質よりも先にできてるわけですよね。

 

これをサルトルという有名な実存主義の哲学者は「実存は本質に先立つ」と言いました。

 

サルトルは、人間の普遍的な本質は無いから、自分で選び取って行くしか無いんだ、と言います。

 

この選ぶのが面倒くさいので「人間は自由の刑に処されている」なんて言ったりしてますが、この辺の話はまた気が向けば書こうと思います。

 

・まとめ

 

というわけで結論は、一言で言うなら「人が生きる意味なんてない!」という事でした。

 

しかしこれは飽くまで人間の普遍的な意味での「生きる意味」です。

 

それが無いからと言って、人生そのものが空虚なわけでなく、自分で生き方を選べるんだな―と思ってください。