東京地下書房

面白い本の紹介と、趣味に関する事とか。

まずはこれ一冊!経済学の超おすすめ入門書「ミクロ経済学の力」。

今、日本でも「学ぶべき教養」として、経済学の順位がかなり上がってきています。

nrmht.seesaa.net

しかし経済学って何から手を付けたら良いのかわからない人も多いと思うんですよね。

そんな人に超オススメしたい経済学の入門書がコチラ、

ミクロ経済学の力』という本。「どの経済学者も太鼓判を押す」「経済学部生必読」と言われている名著です。

著者の神取道宏さんは経済学の世界的権威とも言えるお方です。

ゲーム理論の研究者としては国際的な業績を挙げており、繰り返しゲームのサーベイ論文であるIntroduction to repeated games with private monitaringノーベル賞選考委員会の参考文献にも挙げられた[8]

 

  • 国際的にも高い業績を持つ神取の「推薦状」は海外の大学院留学(経済学のPh.dコース)のアドミッションにおいて抜群の威力を持つことは、東大生の中ではよく知られているという[10][11]
  • 東京大学では長年担当している学部生向けの「ミクロ経済学」の講義は「超が付くほど評判の授業」[13]であり、授業が終わると「大教室に拍手が巻き起こる」という[14]

 

神取道宏 - Wikipediaより引用

 

肝心の内容は「一から、かなり高度な内容まで」この一冊でわかるように書かれたとの事で、基礎的な内容からゲーム理論などの高度な内容まで、ミクロ経済学の全体が網羅されています。

 

更に経済学の入門書の中でも非常に「面白い」と評判の本で、常に「現実の問題をどう料理できるのか」というイメージが沸くように書かれています。

全ての章に触れていくとキリがないので割愛しますが、例えば一章から消費者の行動原理を「こうやって説明できるのか!」と驚かされたり、現実の社会保障の問題にも切り込んでいて、いきなり度肝を抜かれます。

 

数学が出てきますが、全く難しい内容ではないので、ごく基礎的な計算ができれば大丈夫だと思います。

 

神取さんの講義はこれまで東大生しか聞く事ができなかったわけです。

しかし東大生に限らず官僚や政治家、ビジネスマン、果ては背伸びした高校生まで、幅広い人達に経済学の知識を身に付けて欲しいという事で、心血を注がれたのが本著です。

とにかく凄い本なので、経済学を学びたい、学んで活かしたい、という人にオススメです。

キャンプ初心者におすすめ、使いやすくて頑丈な人気テント6選!

f:id:kumakuma30:20170920141826j:plain


おはようございます!

 今回はソロキャンプからファミリーキャンプまで想定した、使いやすくてそれなりに丈夫で多機能なテントを紹介して行きたいと思います。

まずざっくりとテントの種類、どこを確認すればいいかなどを説明したいと思います(今回は誰が買ってもまず失敗しないテントを紹介してるので、読み飛ばしてもOKです)。

 

 ・テントの3タイプ

まずテントにはざっくり分けてドームテント、ツールームテント、ワンポールテントの3タイプがあります。それぞれ説明していきます。

 

【ドームテント】

2本のポールをクロスさせるタイプの、オーソドックスなテントです。

軽くて設置が簡単でバリエーションが豊富で、初心者からベテランまで支持されてるテントです。

今はワンタッチで張る事ができるワンタッチテントというものも発売されてるので、それも紹介したいなと思います。

 

【ツールームテント】

その名の通り、部屋が2つあるテントです。

これはこれで便利な場合もあるのですが、まぁ構造が複雑で設置が難しく、重いという事もあって「どうしても2つ部屋が欲しい!」という場合を除いて初心者さんには基本的にオススメしません。

 

【ワンポールテント】

ティピーテントとも呼ばれるテント。中心部を一本のポールで支えてます。

オシャレなのですがドームテントと比べると設置は少し難しく、何よりデッドスペースが多く居住性が少し下がるので、初めてのテントとしては避けた方が無難かも知れません。

 

以上の3タイプがテントにはあるのですが、やはりこの記事では初心者さんでも使いやすいドームテントを多めに紹介していきたいと思います。

 

・テントの選び方

あまり難しく考えず、基本的な事に気をつけていただければオッケーです。

例えば「設置はしやすいのか?」「持ち運びは容易か?」「どのぐらいの人数で使うのか?」など。

後は「壊れにくいかどうか?」も重要ですね。それと「雨を防げるかどうか?」という耐水性も重要です。

最近は非常に安価なテントも出ているのですが、やはり壊れやすかったり雨を防げなかったり、防げたとしても通気性が悪かったりするので、あまり安すぎるテントはオススメできません

 

以上の点を踏まえて、オススメのテントを紹介していきたいなと思います。

 

・おすすめのテント6選!

 1.コールマン テント ツーリングドームST

1~2人用。

ソロキャンプには最高のテント。前室が広くてゆったりしてて開放感があります。

休日にちょっとこれを引っさげて、野外で料理したり星を眺めたり、そういう贅沢な時間が味わえます。キャンプツーリングにも打ってつけです。

2人用とも書いてますが、ちょっと大人2人だと手狭です。やはりソロだと十分余裕があります。

安心のコールマンブランドで、お値段もリーズナブルなのでオススメです。

 

2.スノーピーク アメニティドーム

5人用。

 ファミリーキャンプに凄くオススメなテントです。

やはり子供もキャンプに連れていく場合、安心が第一ですよね。このテントは風を受け流しやすいデザインになってて、非常に耐久性に優れてます。何年も使えるテントです。

耐水性も高くて、豪雨でも一切浸水しなかったという声も多いです(本当に危険な時は早めに避難してください)。

パーツも色分けされてて、設置しやすい工夫がされています。

 

3.コールマン テント タフドーム

4~5人用。

アメニティドームと並んでファミリーキャンプの定番となってるテントです。

やはりコールマンの製品というだけあって丈夫で長く使えて、耐水性もバッチリ。かなりの豪雨でも浸水しません。

アメニティドームより安く、しかもデフォルトでグランドシートとインナーシートが付いてるので、かなりお得なテントだと思います。

ただ、やはりアメニティドームよりも人と被る事が多いかなと。それは気にしない、むしろ親近感が沸いて会話のキッカケになるかも、と思える人にはオススメです。

更に天井が高いのもポイントです。かなり広々とした感じがあって開放的です。

 

4.North Eagle ワンポールテントBIG420

4~6人用。

ワンポールテントでオススメするならコレです。

設置が簡単で持ち運びもしやすく、何よりとても大きいです。高さもあるのでワンポールテント特有の居住性の悪さがほとんど感じられません。

中を土間にできる点も便利です。子供が靴を履いたまま入ってきても安心です。

 

5.FIELDOOR ワンタッチテント

5人用。

今話題のワンタッチテントです。

まさにキャンプお試し版といった感じで、誰でも設置できてそれなりに居住性もいいテントです。値段を考えるとかなりコスパがいい。

しかし耐水性は低いので雨の日は避けた方が無難ですし、何年シーズンも使うと傷んでくるので、何度もキャンプをするなら不満点が出てくるかも知れません。

 

6.North Eagle リップツールームドーム200

2~3人用。

キャンプ初心者だけどツールームテントを使ってみたい、という人には比較的設置しやすいこのテントがオススメです。

広さが中途半端なのが少しネックですが、値段がとてもリーズナブルです。まさにツールームテントの入門にとても良いでしょう。

 

・まとめ

以上、おすすめのテント6つを紹介してきました。

テントってほんとロマンが詰まってますよね。私なんかは遠くに出かける時以外にも、自宅の庭にわざわざ設置して本を読んだりコーヒーを飲んだりする事があります。なんか落ち着くんですよね。

皆さんも素敵なテントに巡り会えるよう、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

瞑想を始めて約4年、初の神秘体験にくっそテンションが上がった話。

f:id:kumakuma30:20170919152305j:plain

 

おはようございます。

 

私は約4年ぐらい前から瞑想をしているのですが、最近はじめて神秘体験をしたのでご報告したいと思います。

 

その神秘体験をした日は、瞑想を始めるとすぐ耳鳴りが始まり、その耳鳴りの音はだんだん大きくなっていきました。

 

これまでも瞑想中に「ツーーー」というような耳鳴りが聞こえる事はあったのですが、その時はこれまでにないぐらい大きな耳鳴りがしたのです。

 

そして耳鳴りに意識を向けていると・・・、なんとその耳鳴りが、蝉の鳴き声に変わったのです。

 

これは外の蝉の鳴き声では決してありません。もう9月中頃でしたし、もともと家の周りにはあまり蝉が居らず、部屋も締め切っていました。

 

それも「なんとなく聞こえる」程度の鳴き声ではありません。もう蝉が何十匹と止まってる木々に囲まれた、夏の森にいるようにハッキリとした音量と臨場感で鳴り響いたのです。

 

ここで更に遠くから、人の声や動物の鳴き声が聞こえてきて、だんだん近づいてくるのです!

 

体も上下左右の感覚がなくなり、なんだか宙に浮いてるような気がしてきました。

 

そこで私は怖くなり、思わず閉じていた目を開けて周囲を見渡しました。

 

するとその蝉の鳴き声や人や動物の声はピタリと止まり、現実が帰ってきました。

 

しかしその後しばらくは、現実の世界も鮮明に見えるようになり、耳も細かい音まで聞き取れる感じが残っていたと思います。

 

私は瞑想をリラックスしたり集中力を高める目的でやっていたので、神秘体験にはあまり興味がありませんでしたが・・・、それでも実際に遭遇してみるとすごい経験でした。

 

あのまま続けていたらどうなっていたのだろうと思います。

 

最後になりましたが、信じていただけるかどうかは皆さんの自由です。

 

それに瞑想や心理に詳しい人がこの話を聞くと、神秘体験ではなく妄想か幻聴の類だと言われそうですが・・・、とにかくこんな驚く話があったという事でした。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 ↓私が瞑想をするに当たって参考にした本。今の所この一冊で十分です。