東京中野書房

元書店員で本の虫がおすすめの一冊を紹介。

アラン、ラッセル、ヒルティなど、幸福論のおすすめ本7冊! 

f:id:kumakuma30:20170303185158j:plain

おはようございます!今回は「幸福論」のおすすめ本を紹介したいと思います!

幸福論とはその名の通り、「幸福」について書かれた本です。過去の偉人たちが「幸福とはなんぞや」と考えて答えを出してきたもので、今を生きる我々にもとても参考になります。

ちなみにアラン、ラッセル、ヒルティの3人の幸福論は「三大幸福論」と呼ばれています。この3人に加えて、ほかにもオススメしたい幸福論の本を紹介して行きたいと思います。

 

目次

 

1.幸福論 アラン

三大幸福論の中でもアランの幸福論は特にメジャーな気がします。

その教えを一言でまとめると、人間は「放っておくとどんどん不幸になる」という事です。といっても難しい話ではなく、お腹が空いたとか眠たいとか、人間は放っておくといろいろ不機嫌になる事が出てきます。

だからアランは幸福になるために努力しよう、という考えなわけです。

現代の日本人は「幸福」というとありふれたもののように思いますが、実は努力しなければ手に入らないんだ、というのは意外と衝撃ですよね。

例えば新社会人などはそうですが、朝から晩まで働いて、帰ってきてから料理や洗濯や掃除をして、という状態になると「生きてるだけで特別な贅沢はしてないのになぜこんな大変なんだ」と思う時があると思いますが、普通の幸福を得るだけでも努力が必要なんだ、と思うとなんだか納得します。

少し本の紹介からはズレましたが、例えばアランは「身体的に健康になって幸福になろう」という要旨の事を言ってます。これは現代の筋トレブームなどにも通じる、とても本質を突いたものです。古典ですがすごく普遍性のある幸福論を説いているのが本著ですね。

 

2.幸福論 ラッセ

ラッセルというと分析哲学者の超大物ですが、こんな幸福論まで書いています。

こちらも一言では説明できない一冊ですが、例えば「幸福になるためには外界に意識を向けよう」というような事が書いています。

自分の意識を内へ内へと意識を向けるのではなく、外界へと興味などを向けよう、と。

これは病気になったりするとわかりますね。自分の体の痛みなんかに意識を向けると本当に辛いので、ちょっと気を紛らわせられるものがあると全然違います。

例えば脳科学的にも、脳の役割というのは「外界を認識する事」だったりします。決して自我を思ったりとか、何かを考えたりとか、そういうのは脳の機能のメインではないんですね。

ともかく大哲学者が書いただけあって、こちらも本質を突いた内容が書かれています。おすすめです。

 

3.幸福論 ヒルティ

ヒルティは「現代の預言者」とも呼ばれるほど素晴らしい思想書を残した事で有名です。

ヒルティはキリスト教徒であり、その幸福論もキリスト教の影響を大きく受けています。聖書そのものが古来より多くの人の心に寄り添い、感動を生んできた書物なので、それに影響を受けた幸福論もやはり素晴らしいものがあります。

そして聖書以外にも哲学者や詩人、ローマ皇帝などの著作からもヒルティはよく引用しています。さらに仏教やインド哲学中国哲学イスラム教などにもヒルティは言及しているので、すごく幅広い知識があった事が伺えます。

そんなキリスト教を中心にいろんな宗教や哲学を咀嚼し、取り込んだヒルティの著作ですが、やはり一言では語れません。幸福のための様々な思想や具体的な処世訓が凝縮されています。

全3巻と少し長いですが、読み始めるとアッという間です。是非ともみなさんにも読んでいただきたいと思います。

 

4.菜根譚

 「幸福論」とは銘打ってないですが、幸福を説いた中国古典の名著で、多くの政治家や経営者も愛読していた事がわかっています。

もともと中国ではあまり有名な本ではなかったのですが、日本では文化5年に発刊されて禅僧を中心に読まれていたなど、非常に日本人受けする本でもあります。

内容は大きく2つのテーマがあって、一つは人との関わり方、もう一つは自然との関わり方です。

なにか仕事などで無理をしてカリカリしている人に読んでほしい、ノンビリと争わずに生きていく指南書だと思います。「最近ちょっと疲れたな」という人にぜひ読んでほしいです。

 

5.幸福論 寺山修司

 寺山修司の幸福に関するエッセイ集。寺山修司の世界観が全面に押し出されていて、独特です。

正直そんなにわかりやすい文章ではないです。論理的に一貫した主張が書いてあるわけではないです。

でも私は学生時代にこの本を読んで「なるほど、こういう見方をする人もいるんだ」とわかって、ちょっと胸が軽くなった覚えがあります。

人間って自由でいいんだなぁ、と思える一冊です。

 

6.私の幸福論 福田恒存

 こちらも難解です。しかし本当に目からウロコの幸福論。

他の幸福論は基本的にポジティブで前向きな事を書いていますが、こちらは厳しい現実を鋭く抉り取ったような、そんな一冊です。

単なる幸福論の枠を飛び出し、福田恒存の哲学や思想が示された一冊でもあると思います。

 

7.幸福とは何か 

 ソクラテスやアリストテラスやヒュームなど、偉大な哲学者たちも「幸福論」とは銘打ってないものの、人間の幸福とか、あるべき状態について言及しています。

そういった偉大な哲学者たちの幸福論を一冊にまとめてくれたのが本著です。

まぁ倫理学とか、個人と集団の関係についてもそうですが、やはり人間や社会について考察することは、最終的に個人の幸福論を考える事に繋がると思います。それが実感できる一冊ですね。

 

 ・まとめ

 以上、おすすめの幸福論の本を紹介して来ました!

正直、全ての幸福論を一気に読む必要はないと思います。でも、なにか人生で躓いた時とか、苦しいなぁと感じた時にこれらの本を手にとって見てほしいなと思います。

私自身、何度も思い返しては支えられた本もあります。是非とも皆さんにとっても心の支えになれば良いなぁと思って紹介させていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

家に居ながら本格ラーメン!五木食品のおすすめラーメン6選!

f:id:kumakuma30:20200808181418j:plain

画像の引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E6%9C%A8%E9%A3%9F%E5%93%81

おはようございます!最近、自粛続きという事もあり、「なかなかお店で本格的なラーメンを食べてないなぁ」という人もいると思います。

そこで皆さんは「五木食品」という食品メーカーさんをご存知でしょうか?

こちらで出しているインスタントのラーメンですが、本当にお店で食べるのと変わらない美味しさのラーメンなのです!

「そんなバカな」と思うかも知れませんが、ぜひ一度試していただきたいなと思い、今回は五木食品のおすすめのラーメンを紹介したいなと思います。

 

目次

 

1.熊本もっこすラーメン

最初に食べてほしいラーメン。とにかく本格的な博多ラーメンで、一口食べてみると驚かされます。

お店と変わらないほど味に深みがあります。豚骨の旨味がしっかり効いてて、しかし臭みがない。

香りもとてもいいです。焦がしにんにく風味の黒麻油がとても香ばしい。

麺もスープによく絡んで、噛みごたえがあってクセになります。

とにかく私はこのラーメンに出会ってからインスタントの価値観が変わりましたね。本当にぜひ一度食べてみてほしい一品です。

あとはインスタントラーメン全般に言える事かも知れませんが、麺を茹でるお湯とスープ用のお湯はできれば別々のものを使ったほうが美味しくなると思います。

 

2.熊本赤辛ラーメン

豚や鶏肉をベースにしたスープに、コチュジャンや豆板醤などの辛味を加えたもの。

まさに「旨辛」という言葉がピッタリ合うラーメンです。辛すぎず旨味をしっかり残していて、とにかくお箸が進みます。

やはり香りもいいですね。辛いのが苦手な方は付属の辛味油は入れなければちょうどいいと思います。

 

3.熊本黒マー油とんこつラーメン

もっこすよりもアッサリしているとんこつラーメン。

人により好みが別れますが、アッサリしたラーメンが好きという人はもっこすよりもこちらがオススメです。

何よりスープが黒麻油と合ってて、黒麻油の香りが更に引き立つようなラーメンに仕上がっていると思います。

 

4.アベックラーメン

五木食品が50年以上前から販売しているラーメンで、熊本県の方などは懐かしさを感じるそうです。

確かに昔ながらの中華料理屋さんとか屋台のラーメンにも通じるような、どこか懐かしくて安心する塩味のラーメンです。

人によってはバターを入れたりチャンポンにしたりする事も可能らしいので、いろいろアレンジしてみるのも面白いかも知れません。

 

5.味噌ラーメン

味噌ラーメンもインスタントとは思えないほど本格的で美味しいです。

ベースとなる赤味噌がとてもコクがあり、豚骨やにんにくも効いてます。とても濃厚でクセになる味です。

風味も野菜を炒めたような甘い香りがします。ちょっと独特ですがすごく美味しい味噌ラーメンです。

 

6.醤油ラーメン

最後はこの醤油ラーメンですが、クオリティならば最高かも知れません。

濃厚な醤油の味に加えて、鶏油とサバや煮干しなどの魚介系の出汁も効いてます。

香味油の香りも効いてて、非常にいろんな味のする奥深いラーメンだと思います。

やはり味噌と同じくちょっとオーソドックスな醤油ラーメンとは違った独特な味がしますが、とても美味しいですね。

 

・まとめ

 以上、おすすめの五木食品のラーメンを紹介させていただきました!

私もこの記事を書くにあたって改めて五木食品のラーメンを食べたり調べたりしてみたのですが、すごく手が込んでいる事がわかりました。いろんな素材を使っていて、かつ一つ一つが洗練されている。これこそがインスタントでも店の味に負けないラーメンを生み出していると思います。

ぜひ皆さんにも気になった一品から試していただきたいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました!

中高生に読んでほしい!青春に寄り添うおすすめ本(小説)10冊!

f:id:kumakuma30:20200801092806j:plain

 おはようございます!今回は中学生や高校生の皆さんに読んでほしい小説を紹介したいと思います。

中高生向け、と書いてますが、もちろんどの年代の人が読んでも面白い傑作を揃えました。しかし、やはり特に多感な時期の学生さんに読んでほしいなと。今でないと感じ取れない事がたくさんあると思います。

自分も学生時代にこの本に出会えていればなぁ、という、そんな本を紹介して行きたいと思います。

 

目次

 

1.夜のピクニック 恩田陸

恩田陸さんの名作。ある高校の「歩行祭」というイベントの物語で、全校生徒が集まって夜通し80キロを歩くという話です。

登場人物の一人一人がいろんな悩みやわだかまりを持っていて、それがイベント特有の高揚感の中で、徐々に解決されていく。

とにかく学生特有の雰囲気をよく捉えていて、皆がキラキラしていて、すごく素晴らしい青春小説だなと。是非とも読んでほしいです。

 

2.ネバーランド 恩田陸

こちらも恩田陸さんの名作です。

ある男子校の寮の物語で、冬休みで多くの学生が帰省していく中、残った4人が冬休みを過ごすという物語。

4人それぞれがキャラクターが立ってていいですね。そして最初はあまり親しくなかったり、気が合わなかった者同士もいろんな出来事を経て、友情が深まっていく。

本当に友達っていいなぁと思える物語です。

 

3.蹴りたい背中 綿矢りさ

こちらも非常に有名な一冊です。

主人公は周囲とは距離を置く女子高生。なるべく他の学生と関わらないようにしよう、と努めていますが、同じクラスのある男子生徒に惹かれていくという話です。

基本的に青春小説とはキラキラした華やかなものが多いですが、これはそうでもありません。しかし学生時代の一種の奇妙な感じを描いた、ある意味で多くの人の心に寄り添ってくれる物語かも知れません。

 

4.池澤夏樹 スティル・ライフ

そろそろ青春小説以外も紹介したいと思います。

こちらの「スティル・ライフ」はあまり一般の知名度は高くないですが、知る人ぞ知るという一冊です。

とにかくどんな小説にも負けないほど美しいです。特に冒頭は息を呑む美しさです。

この本を紹介したのは、著者の池澤さんが理系の方で、科学的な要素も小説に盛り込まれている点です。このように一見するとある分野とは関係ないような知識も、どこかで活かせる事があるんだなぁ、というのを実感してほしいなと。

そして「成長」が一つのテーマになっている小説でもあります。おすすめです。


5.旅のラゴス 筒井康隆

こちらも学生さんや読書初心者さんに「まず読め!」と紹介されるほど面白い一冊です。

まさに「人生とはなにか」を考えさせられる一冊です。「旅」というものを通して、一人の人間の人生を描いているんですね。

この本を通して、人間にとって本当に必要なものはなにか、というのが見えてくるんじゃないかなと。なるべく早く読んでほしい一冊という事で紹介しました。

 

6.海辺のカフカ 村上春樹

村上春樹の中から学生向けに一冊選ぶならばこの本だと思います。

15歳の少年が旅する物語。それともう一人の主人公がいるのですが、そちらの物語もまた面白い。

村上春樹らしい難解で煙に巻くような感じがありますが、これがハマる人にはすごくハマります。

単に主人公が旅して成長してよかったな、というだけの物語ではなく、人によって感じる事が多々あるのではないかなと思います。

 

7.ライ麦畑でつかまえて

これは「大人になってからは読めない本」だと言われていますが、まさにその通りだと思います。

私も学生の時は、こういう謎の閉塞感、焦燥感に駆り立てられていたと思います。

とにかく今が苦しい、イライラする、という人に読んでほしい。とても寄り添ってくれる一冊だと思います。

 

8.若きウェルテルの悩み

ちょっと難解で読みにくいところはあると思いますが、それでこの名作を諦めてしまうのはもったいない。

とにかく「叶わぬ恋」を描いたものでこれ以上のものはないと思います。読めばわかりますが、本当に胸がえぐられるような気持ちになります。

「ウェルテル効果」という言葉もできるほど、この本に影響されて自殺した若者まで沢山いるほどです。是非ともチャレンジしてみてください。

 

9.こころ 坊っちゃん 夏目漱石

夏目漱石の代表作「坊っちゃん」「こころ」の2作品をまとめた一冊。

まず「坊っちゃん」は人によってはとても共感できると思うし、読みやすいのでオススメです。

そして何より私がおすすめしたいのは「こころ」です。私も学生時代に初めて読みましたが、古典の本なのに一つの新しい生き方を示されたような、そんな気分でした。

とにかく人間の奥深さというか、本質のようなものをえぐり取った文学だと思います。そしてなんだか「美しさ」のようなものも感じます。

こういう名作は意外と読んでなかったりするものなので、まだの人はぜひとも読んでほしいなと思います。

 

10.青が散る 宮本輝

最後の一冊はどれにしようか色々悩んだのですが、やはりこの本がおすすめです。

舞台は大学、ですが中高生にこそ読んでほしい。「青春とは高潔でなければならない」という教えは、これを初めて読んだ時「もっと早くに読んでいれば」と後悔したものです。

そして何より、宮本輝の文章は日本文学の中でも屈指の美しさです。過去の偉大な文豪たちにも引けを取りません。是非とも読んでいただきたい。

 

・まとめ

 以上、中学生や高校生の皆さんに読んでほしい本を紹介させていただきました。

10冊に絞るのはとても難しかったですが、迷ったときは「なるべく早く読むべき本はどれか」という基準で選ばせていただきました。

かなり良い本を紹介できたのではないかと思います。もちろん小説以外にもおすすめの本が沢山あるので、機会があれば第二弾などをやって行きたいと思います。

ともかく今回紹介した本を学生さんに読んでほしいですね。何かしらこの記事が参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!