読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海底都市

人生に刺激を。

運動、睡眠、瞑想、野菜を効率的に取る戦略

健康・運動・ダイエット

最近、女子高生やOLの間で大流行の「運動、睡眠、瞑想、野菜」。

 

この4つに気を付けると健康になるそうですが、いかんせん十分にやる時間がないという人は多いはず。

 

そこで、それぞれほんの少しの手間や時間を割くだけで、この4つの効果を飛躍的に高める方法を紹介します。

 

1運動

運動は、一般的に有酸素運動が良いとされていますが、一日20分以上やらないと効果がない。

そんなに時間のかかる事はやってられない。そこで私がオススメするのは筋トレ、特にスクワットがお勧めです。

 

人は一日の消費エネルギーの約70%が、呼吸や内臓の活動、筋肉の動きなどの何もしなくても消費するエネルギー「基礎代謝」で占められています。

 

そして基礎代謝をもっとも多く消費するのが筋肉。中でも下半身には大きな筋肉が集中していて、体全体の3分の2を占めます。

 

よって下半身の筋肉を鍛えるスクワットは、太りにくい体を作ることだと言えるのです。

 

目安は一日50回。コツとしては、体を曲げながら息を吸い、延ばしながら吐くのですが、吐き切ったとき(つまり体を伸ばし切ったとき)に、そこで休まずにすぐ息を吸って体を曲げる。そうすると50回がすぐ終わって時間の節約になります。

 

一日50回で筋肉痛が来るという人は、筋肥大が起きているので効果がでてる証拠です。50回ならちょっときついけど何とか毎日できる、という人も筋肉維持のためにやるといいでしょう。

 

ただ、あんまりにも余裕でできる、という人はもう十分筋肉が付いている状態なので、バーベルなどを担いで負荷を増やしてもいいと思います。

 

2睡眠

ここでは普通の睡眠の質を上げる方法ではなく、昼寝というものをオススメします。

 

昼寝は夜の睡眠の3倍は効果があると言われていて、15分ほど昼寝するだけで全然違います(むしろ30分以上やるとノンレム睡眠になって疲れたり夜眠れなくなるので注意が必要)。

 

時間帯としては1時から2時の間にするのが一番おすすめ。

 

そもそも人は本来昼寝をしないと午後から集中力が途切れてくる生き物だそうです。

 

なので、昼休みに職場で堂々と昼寝できる人は堂々と、できない人は目立たないところでこっそりやりましょう。

 

3瞑想

瞑想は、歩きながらできる「歩行瞑想」を通勤時などにやることをオススメします。

 

足に意識を集中させ、「右足が地面についた」「左足が地面についた」と心の中で確認する。まずこれだけです。

 

これだけですが、普通の座ってやる瞑想よりも自我が消えやすく、とても心が安らかになる感じがします。

 

だんだん慣れてきてこれだけだと雑念が湧いてくるようになると「右足があがった」「左足が上がった」などと確認を増やしていくといいかも知れません。

 

4野菜

野菜に関しては、汁物を駆使すると効率的に摂取できます。

 

具体的には豚汁がオススメです。

 

豚汁に比較的取りにくい(?)ニンジンやゴボウなどを多めに入れて、朝夕の食事に添えるとよいでしょう。

 

あと食べやすいのは白菜。白菜はとても食べやすいので鍋などをしても大量に取れます。

 

以上、今流行りの運動、睡眠、瞑想、野菜を効率的に取る方法でした。

 

これを実践すれば女子高生やOLなどに尊敬されるかも知れませんが、多分されません。