読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海底都市

人生に刺激を。

長年悩んでた肩こりが完治したので、日課に取り入れたストレッチ等を紹介してみる。

健康・運動・ダイエット

おはようございます。

 

昔は肩こりが酷くて夜眠れない事もあった私ですが、ここ数年ほどは完治したと言ってもいいぐらい肩こりが全く気にならなくなりました。

 

なので日課に取り入れてみたストレッチなどを紹介していきたいと思います。

 

1.肩甲骨はがし

肩こり対策としてはかなり有名ですが、有名なだけあって本当に効きます。

 

やり方はいろいろあるのですが、まずオススメするのはコチラ。

www.youtube.com

 

このように自重を活かして、腕立て伏せのようなポーズで肩甲骨を剥がすのが一番効きました。

 

とてもジワーっと来て、いかにも「効いてる!」という感じがします。

 

他の肩甲骨剥がしよりもシンプルでやりやすい点も良いと思います。

 

それから、ヨガの「後ろ合掌のポーズ」なんかもオススメです。

f:id:kumakuma30:20170310111338j:plain

 

こちらはあまり場所を取らないし、立ったままでも座ったままでもできるので長時間外にいる時などにオススメです。

 

多分最初からこのポーズができる人は少ないと思います。

 

私も最初は腰のところで指を合わせるのが精一杯というほど硬かったですが、上記の自重式の肩甲骨剥がしと共に続けたところ、今では余裕で手のひらがつくように。そのまま合掌をグーッと上に上げれば更に効きます。

 

肩こりを治す上で、この変化はやはり大きかっただろうなと思ってます。

 

余談ですが、最近ヨガにも興味を持って調べたところ、他にもいろんなポーズがあるようです。肩こりだけでなく腰痛や猫背など、なんでも解決できます。

 

一番わかりやすくて簡単で、しかもよく効くヨガが沢山載ってたのは「ずぼらヨガ」という本。おすすめです。

>自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ [ 崎田ミナ ]

価格:1,199円
(2017/3/10 13:28時点)
感想(4件)

 

少し話が逸れましたが、他の肩こり対策も紹介していきます。

 

2.腕立て伏せ

「え?なんで肩こり対策に腕立て伏せ?」と思った人もいると思います。

 

私が腕立てを始めたのは、たまたまネットサーフィンをしてて以下の記事が目に入ったからです。

hadasoku.blog.jp

 

「おいおい、ソースはまとめかよ」と言われるかも知れませんが、騙されたと思ってやって欲しい。

 

私もこの記事を読んで何年かぶりに腕立てをしましたが、本当に肩や腕がパキパキと鳴ってスーッとしました。

 

また大胸筋を刺激するのがとても気持ちよくて、肩こりにも凄く効きます。

 

たぶん、筋トレをすると血行がよくなるので、大胸筋という大きな筋肉や腕などの血行が肩こりにも関係しているのかも知れません。

 

また、鎖骨の下辺りを思いっきり刺激できるのも肩こりに良いそうです。実際そういうツボもあるそうです。

 

とにかく騙されたと思って10回ぐらい、膝をついてもいいのでやってください。

 

実際私はこれで腕立てにハマって継続してしてますが、それも肩こり解消に一役買っているだろうなと思います。

 

またまた余談ですが、プッシュアップバーを買うと筋肉の可動域が全然変わってきます。

>プッシュアップバー腕立て伏せ 腕立て 器具 筋トレ 腕 トレーニング プッシュアップ バー ダイエット 上半身 二の腕 引き締め 背中 トレーニング器具 筋トレ器具 筋肉 トレーニング マッスル 器具【送料無料】【05P03Dec16】

価格:1,270円
(2017/3/10 14:36時点)
感想(196件)

 

もともと私は筋肉を大きくしたかったので、普通に肩こりを治したい人はここまでやる必要はないと思いますが、上半身を広く、胸筋はかなり深部まで刺激されてる感じがあって、すごくクセになってしまいました。

 

もちろん普通の腕立てでも十分なので殆どの人はここまでする必要ないと思いますが、一応買ってよかったと思う物なので紹介させていただきました。

 

 3.半身浴

肩こりについて、wikiで調べると以下のような内容が書いてあります。

 

この症状に対する原因には諸説あるものの、確定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などと並んで不明な点がとても多い疾患となっている。

長時間、背中が緊張するような姿勢をとり続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、ショルダーバッグ冷房などが原因とされる[1]。それらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋上後鋸筋菱形筋群・板状筋脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられている。 或いは、筋肉を包む筋膜に出来る皺(しわ)が原因となる場合もあることが、最近分かってきた。

 ―wikipedediaより引用。

 

「循環障害」とは「血液やリンパの循環が阻害されることにより臓器や組織に障害が生じること」だそうです。wikiにある「酸素や栄養分」を運んでるのも血液なので、ここでの「循環障害」は血行不良の事だと見て間違いなさそう。

 

詰まるところ、肩こりとは筋肉が固くなる事で血行が悪くなる事が原因だそうです。

 

なのでこれまで筋肉をほぐしたり刺激を与える方法を紹介して来ましたが、他にも食事を見直したり体を温めることで血行を良くするのも(それだけでは根本的な解決にはなりませんが)かなりの効果はあるはず。

 

そこでオススメするのが半身浴です。

f:id:kumakuma30:20170310192817p:plain

なぜ半身浴をオススメするかと言えば、個人的に手軽だし楽だし続けやすいからです。多分日本人のほとんどは風呂に入るので、その時間を長くすればいいだけですからね。

 

また、風呂上がりに他のストレッチなどをやる事で相乗効果が期待できます。僕は先程も書いたように肩甲骨剥がしを風呂上がりにしてます。

 

注意点としては、水分は十分に取ってください。風呂に入る前にコップ一杯の水を飲みましょう。

 

4.その他、細かいマッサージなど

不思議なことに、体というのはいろんな部分が繋がってるんですね。足つぼマッサージが全身に影響を与えるのもそのわかりやすい例です。

 

そこで私は定期的にというわけではありませんが、思い出した時にやっているのが以下の事です。

 

・頭皮のマッサージ。お風呂の中でたまに頭皮を触って、カチカチになっていたら柔らかくなるまで手でほぐす。

・目の周りの筋肉がこらないように、一点だけを見つめるのは避け、たまに視界の端(上下左右)をギリギリまで見るようにして目玉を動かす。ブルーライトをカットするメガネなんかも効果的かも。

・足の血行も全身の血行に直結する。ふくらはぎをマッサージしたり、屈伸などをする。

・ツボを押さえる。個人的なオススメは首の後ろの「天柱」と「風池」や、鎖骨の下の押すと痛い部分などをグーッと押す。

 

これらの事を、適当に気が向いた時にしてます。どれも週に一度やるかやらないかぐらいのペースで。

 

これらの細かいストレッチもすると気持ちがいいし、効果が出てると思います。

 

5.まとめ

以上、いろんな肩こりの対策法を紹介してみました。

 

これらの方法は、実際に肩こりが酷かった私がやってみて効果があったものを厳選してます。おかげで今では肩こりが全く気にならない生活を送れています。

 

しかし逆に言うと人によって効果の有無は違うかも知れませんが、とにかく物は試しにとやっていただけると幸いです。