アンダーガーデン

科学や思想、芸術から趣味や日常生活に役立つ事まで、面白そうな事は何でも書きます。

言語学入門にオススメの一冊「はじめての言語学」。

おはようございます。

今回は私が一押しの言語学の入門書、黒田龍之介さんの「はじめての言語学」を紹介したいと思います。

言語学の入門書といえば他にもたくさんあるのですが、まぁ学問の入門書にありがちなように「的外れだ」「言語学をわかってない」みたいな批判を受けてるものが多いんですよね。

その中でこの黒田龍之介さんの著作はかなり高評価で、言語学に詳しそうな人からも太鼓判を押されてます。

私も読んでみて思ったのですが、言語学とは何かをとてもわかりやすく理解できます

言語学とはなにか、私もそうでしたが「英語の学習に役立つのかな」みたいなイメージが一般人にはあると思うのですが、そういうイメージの一つ一つを最初に否定されてて、

その後、実際に言語学ではどういう事をしているか、というのが具体的に説明されています。

そんなに長くない本ですが、言語学の世界にどっぷり浸かる事ができて、「あぁ、言語学とはこういうものなのか」とストンと腑に落ちる本だと思います。

また、言語学と言っても厳密に言えばいろんな分野があるのですが、それぞれの分野がどう違うのか、どんな事をしているのかというのが触れられていて、

言語学を深く勉強してみたい、という人にも具体的にどんな分野を学ぶべきかの判断材料になると思います。

そして何より内容がわかりやすい。言語学を全く知らない人が読んでも全然わかると思うので、言語学の初心者の方におすすめの一冊です。