読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇潰しに読めるブログ。

書評と趣味の事が中心です。

構造主義とは何か、深くてわかりやすい良書「寝ながら学べる構造主義」。

現代思想を語る上で避けて通れない構造主義

 

しかし構造主義とはなんなのか、いろんな本を読んだりネットで調べたりしてもイマイチよくわからない、という人にオススメするのが内田樹さんの「寝ながら学べる構造主義」です。

 

なぜこの本がオススメなのかと言えば、構造主義って一度理解してしまえば「あぁこういうものか」というのはわかるのですが、一言でビシっと「こうだ!」と表現するのは難しいんですよね。

 

しかしこの本は、フーコーやバルト、レヴィ=ストロースラカンなどの有名どころの構造主義者の思想が説明されてます。

 

つまり実際の構造主義者の面々がなにを言っていたのか、という事に触れてるうちに「あぁ、だいたいこんな感じなんだな」というのが掴めてきます。

 

また構造主義の下地となってるマルクスフロイトニーチェの思想や、構造主義者に影響を与えたソシュールの思想などにも触れられています。

 

もちろん一人一人の説明がとてもわかりやすいです。

 

思想や哲学などにほとんど触れたことがない人でも読めると思うので、「難しそう」と身構えてる人にもオススメできる一冊です。