Life is Art.

生活の質を高める情報サイト。

英語を独学で勉強したい人に超おすすめの本・参考書5選!

f:id:kumakuma30:20171023140936j:plain

おはようございます!

社会人になってから「英語を勉強したい!」と強く思ってる人は多いのではないでしょうか?

英語を話せて海外旅行なんかに行けたらすごく楽しそうですよね。

そんなわけで今回は、英語を独学で勉強したい人におすすめの参考書などをまとめてみました。

「話す・聞く」だけでなく、やはりある程度の「読み・書き」もできないと海外旅行は厳しいので、そちらも少し視野に入れて紹介したいと思います。というか、この2つは別物ではなく繋がってますからね。

 

1.どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

 英語初心者にとにかくオススメしたいのがこの本。

特に「まず英語を話せるという感覚がわからない!」「それなりに話せると思うけどネイティブ相手に試した事はない」という人にオススメです。きっと目からウロコの参考書だと思います。

ただし文法の解説は無いので、基礎的な部分は他の参考書で固めておきたいところ。

 

2.長沢寿夫の中学英語がまるごとスッキリわかる本

 そこで英語の基礎を固めるのにピッタリな参考書がこれです。

まさに中学で習ったことが一冊に詰め込まれていて、すごくお得です。それにメチャクチャわかりやすい。

社会人の独学用としてだけでなく、中学生のお子さんなどが英語につまずいた時にも参考にしていただきたい一冊です。

 

3.English Grammar in Use

世界中でもっとも売れてる英語の教科書です。英語で書かれていて、日本語に訳すと不自然な部分もそのまま勉強できるので、「昔から英語が苦手!」という人もこの本は腑に落ちる事がよくあります。

初級・中級・上級に分かれていて、この青いパッケージのものは中級になります。自分のレベルに合わせたものを買ってください。

 

4.一億人の英文法

"すべての日本人が「話せる英語」を「最速」で達成するための英文法大全"

と書いてあるように、話すことに特化した英文法の本です!

中学、高校と英語でつまずいた人に非常に人気で、目からウロコの参考書となっています。

 

5.会話もメールも 英語は3語で伝わります

 仕事などで英語が必要になった人におすすめ。非常に実用的な英語の参考書です。

「誤解を生まない」「端的でわかりやすい」英語の使い方がわかりやすく書かれています。

英語にそこそこ自信があってもなぜか伝わらない!という悩みを持ってる人にもぜひオススメしたい一冊です。

 

・まとめ

以上、英語のおすすめの参考書を紹介しました。

私自身も英語を学ぶ上で、非常に苦手意識があったんですよね。恐らく「話せるようになるには何年も勉強が必要なんだろうな」と思って手を付けるまでが億劫だったのですが、世間には非常にわかりやすい参考書があって、思ったよりとても簡単に話せるようになるのは驚きました。

学校英語の目的は「英語で論文を読み書きすること」に特化しているので、どうしても「話す」には不向きで、英語に苦手意識を持った人を量産してしまうんですよねー。

そういう人達にこの記事がなにかお役に立てれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。