知ると世界が変わった大全。

日常の少し良かった事から、人生が変わる経験まで。

音質&コスパ最強!人気のBluetoothイヤホン・ヘッドホンおすすめ17選!

f:id:kumakuma30:20180413101534j:plain

おはようございます!今回はとにかく「これは音質もコスパも良い!」というBluetoothのイヤホン・ヘッドホンを紹介させていただきたいと思います。

念のために説明しておくと、Bluetoothとは有線ではなく無線で聞けるイヤホン・ヘッドホンです。ワイヤレスイヤホンとも呼ばれます。長所は言わずもがな、コードから開放され快適に使う事ができる点です。

値段もいろんな価格帯のものを取り上げているので、ご自身の予算に合ったものを選んでいただきたいと思います!

 

 1.Apple AirPods

これ、街で付けてる人をすごく見かけますよね。言わずと知れたAppleが発売しているBluetoothイヤホンです。

どの音域も高水準で、どんなジャンルの音楽にもおすすめな万人向けのイヤホンです。

機能性もよく、やはりiPhoneなどのApple端末と相性が良いです。

 

2.SONY WI-1000X

 SONYのイヤホン。ノイズキャンセリングのレベルが高く、かなり人が多い所でも音質が損なわれにくいです。

音質は高音の表現力が素晴らしく、しかも刺さるような感じがない。聞き疲れしません。

もちろん低音も非常に良く聞こえます。少し高い分、とても良いイヤホンです。

 

 3.Beats by Dr.Dre MLYF2PA/A

 装着感がよくランニングなどにオススメしたいイヤホン。

Beatsのイヤホンといえば特徴的な音がするイメージですが、こちらは中音も聞き取りやすく、全体的に綺麗でバランスが取れたイヤホンです。

ペアリングが早いのも評判です。

 

4.RHA MA650

 RHAという、熱狂的なファンを抱えるブランドのイヤホン。Bluetoothになっても変わらず良い音質です。

音が非常にクリアで聞き取りやすいです。鮮明でハッキリしています。

持ち運びやすく、素材の肌触りが良い点もやみつきポイント。

 

 5.SONY MDR-EX31BN

予算が一万円までの人におすすめのイヤホンがこちら。

ノイズキャンセリングなどの基本的な機能がありつつ、音質も悪くないです。ちょっとドンシャリ感はありますが。

 

6.Jaybird JBD-X3-001BK

専用アプリでイコライザーを調整しやすい、つまり音質を変えられるイヤホンです。

初期状態の音も良いのですが、イコライザーをいじる事で「別次元の音になった」「5万円クラスのイヤホンになった」という人も続出している、面白いイヤホン

ノイズキャンセリングも優れてて、雨や汗にも強い。機能性もバッチリです。

 

7.COWIN E7 PRO

 そろそろヘッドホンも順次紹介して行きたいと思いますが、このCOWINのE7 PROは一万円以下で評判の良いヘッドホンです。

ノイズキャンセリングとクリアな音質で、飛行機や電車の中でも音が聞き取りやすいです。

装着感もよく、通勤や通学中にリスニングの勉強をしたい人や、ラジオなどのコンテンツを聞きたい人にオススメです。

 

8.MYCARBON ワイヤレスイヤホン

 こちらも安くて評判の良いイヤホン。高音から低音まで満遍なく聞こえやすいです。

耳から落ちてしまうという声も散見しますが、イヤーピースを変えれば解決します。

デザインが近未来っぽい事でも定評があったり。

 

9.SoundPEATS Q30 

 更に5000円を切るリーズナブルなイヤホンをお探しの方におすすめ。

音質はドンシャリ感があり低音重視で好みが分かれるかも知れませんが、同じ価格帯のイヤホンと比べると良い部類に入ると思います。

ノイズキャンセリングの機能も十分なレベルでコスパが良いです。

 

10.Eonfine 超小型・完全ワイヤレスイヤホン

 小型でとても軽く、左右分離式の完全ワイヤレスなのに装着感抜群で取れにくい、機能性が素晴らしいイヤホン。

音質も高音質だと評判で、綺麗でクリアな音が楽しめます。高音から低音までバッチリ。

見た目も高級感がありカッコいいですね。チープな感じがしません。

 

 11.Skullcandy A6HTW-K617

 一万円台で非常に評判のいいヘッドホン。

基本的な音質がとても良い上に、Skullcandyらしい個性も出ていて、聞く音楽によっては新しい発見があると思います。

とにかく軽いのも嬉しいところ。ちなみに色合いも堪りませんよね。かなりオシャレな服を着ていても浮いてこない、むしろ引き立たせてくれるシックなヘッドホンだと思います。

 

12.JVC HA-SD70BT

  一万円台で非常に評判のいいヘッドホンその2。

やっぱりこのぐらいの値段になると普通のヘッドホンとは一線を画しますね。「ここってこんな楽器も弾いてたのか!」という発見があるほどクリアで、かつ音に厚みもあって迫力が凄いです。

こちらも非常に軽く、コンパクトに持ち運べる点もポイント。

 

 13.Bose SoundSport wireless headphones

 Boseというすごく評判の良いブランドのイヤホン。

全体的に高音質で、特に低音がしっかりしています。とても高級感を感じる安心のクオリティです。

装着感や防水性も高く、音質と機能性、総合的に見てかなり質の高いイヤホンですね。

 

 14.Jaybird Freedom 2

 先程も紹介したJaybirdの上位モデル。スケートの羽生選手がショートプログラムの前に使っていたイヤホンもコレだと言われています(見た目が同じ)。

とにかく音質の評判が良くて、「他のものだと聞けない!」という人も続出してます。高音から低音まで全体的に高音質です。

機能性も下位モデルに比べてより軽量化・小型化していて、しかも装着感も良いです。

 

 15.ゼンハイザー MOMENTUM In-Ear Wireless

 ゼンハイザーといえば「世界最高峰のオープン型」とも言われるHD800などを作っている、高級ヘッドホン・イヤホンの超有名ブランドです。

そのゼンハイザーが作ったBluetoothイヤホンですが、やっぱり素晴らしい。透き通るようなクリアな音質です。

まだ未経験の方はぜひクラシックなんかを聞いてほしいですね。感動すると思います。

 

16.Bose QuietControl 30 wireless headphones

 なんと言ってもノイズキャンセリングが凄いイヤホン。結構な爆音でも消してくれると評判で、うるさい環境によくいる人は手放せなくなるそうです。

音質もかなり高音質です。ちょっと低音寄りですが、まぁ同じ価格帯のイヤホンと比べてもコスパは良い方だと思います。

 

17.SONY WH-1000XM2

 この価格帯のBluetoothヘッドホンでは断トツでオススメです。

音質も抜群に優れていて、ノイズキャンセリング機能も完璧だと思います。

右側のハウジングにセンサーが付いてて、会話したい時や緊急時にはパッと触れるだけで周囲の音を拾ってくれるので、それも便利ですね。

 

・まとめ

 以上、おすすめのBluetoothのイヤホン・ヘッドホンを紹介させていただきました!

最後になりますが、やはり音質の問題になると個人差もあると思います。ここでの内容は私の感想と周りの評判が一致したものを載せています(逆によくわからないイヤホンについては載せてないのです)。

個人差がある中で後悔しない買い物をするには、やはり「値段で妥協しない」という事でしょうか。特にイヤホンやヘッドホンは長く使うものなので、お金を掛けておいて絶対に損はないです。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事がなにか皆さんの参考になれば幸いです。