家具屋監修、インテリアの価値観が変わるブログ。

家具、オフィス用品、生活雑貨がメインの、おすすめの商品やコーディネートを紹介するブログ。

コスパ最強!スーツケース選びの重要ポイントと、おすすめのブランド6選!

f:id:kumakuma30:20180719215437j:plain

おはようございます!スーツケースって、仕事に旅行に大活躍しますよね。

よく使う物である以上、やはりスーツケース選びは失敗したくないところです。

そこで今回はスーツケース選びの重要なポイントをいくつか解説し、それを踏まえておすすめのブランドを紹介させていただきたいと思います!

 

目次

 

・スーツケース選びの重要ポイント!

1.サイズ

 まず注意すべきなのはサイズです。これは人によって入れる物が違うので必要なサイズも変わってきますが、標準的な出張や旅行の目安となるサイズが以下です。

1~3泊 Sサイズ

4~5泊 Mサイズ

5~10泊 Lサイズ

11泊以上 LLサイズ

 特別大きな仕事道具などを入れる予定がない方は、このサイズを目安に選んでいただければ失敗はないでしょう。

また飛行機を利用する方も多いと思いますが、スーツケースを預けずに機内に持ち込みたいという方は、持ち込み可能なサイズの上限も意識しましょう。下記のサイトなどで確認できます。

www.proteca.jp

2.素材

 スーツケースのボディの素材ですが、これは大きく分けてハードタイプソフトタイプの2種類があります。

ハードタイプとは、プラスチックなどの硬い素材でできたスーツケースです。

一方でソフトタイプは、ナイロンなどの布でできたスーツケースです。

それぞれのタイプの特徴をまとめると、下記のようになります。

ハードタイプの特徴

・大容量で荷物を整理しやすい

・防犯性が高い(ナイフなどで破られにくく、施錠できるタイプがほとんど)

・全体的に大きくて重いものが多い

・防水性が高い

 ソフトタイプの特徴

・軽くて小さめのものが多く、移動しやすい

・防犯性が低い(ナイフなどで破られやすく、施錠は付いてない場合が多い)

・外ポケットが便利

 こんな感じですね。個人的にはハードタイプがオススメですが、国内や安全な他国をふらっと旅行したい場合にはソフトタイプも良いかも知れません。

3.キャスターの数

 スーツケースのキャスターは2輪と4輪があります。

2輪は大きめのキャスターがスーツケース本体に埋め込まれていて、「ガタガタの道を進みやすい」「段差を登りやすい」「中に入っているものに衝撃が伝わりにくい」などの長所があります。ただし、前にしか進めません

4輪は普通に360度どの方向にも進めるので、移動がとても楽ですね。2輪と比べて悪路や階段は苦手ですが、まぁ普通に進めます。

基本的に4輪のスーツケースが多く、おすすめも4輪です。ただし上記に書いたように悪路や階段が多い所に行く場合や、中にデリケートな物が入っていてなるべく衝撃を和らげたい場合などは2輪がおすすめです。

4.フレームorファスナー

 スーツケースには開閉部がフレームになってるタイプと、ファスナーになってるタイプがあります。

フレームはアルミなどの金属で出来ていて、パカっと開けてカチッと閉めるタイプですね。

f:id:kumakuma30:20180722120808j:plain

一方でファスナーでできているタイプのスーツケースもあります。

f:id:kumakuma30:20180722120803j:plain

それぞれの特徴をまとめると下記のようになります。

フレームの特徴

・防犯性が高い

・中に入ってるものに衝撃が伝わりにくい

・防水性が高い

ファスナーの特徴

・こまめに物が出し入れしやすい

・フレームタイプに比べると軽い

・フレームに比べると防犯性、防水性が低い

2つのタイプを総評すると、フレームは

 ちなみに「どちらが丈夫か?」については諸説あって、ガッチリしてるフレームタイプの方が壊れにくいという方もいれば、ファスナーの方が開閉部が布になってて柔軟性があるので壊れにくい、という人もいます。まぁ寿命としてはそんなに変わらないですね。

5.機能

 スーツケースには色々と細々とした機能が付いてる場合があります。例えば本体にロックが付いているかどうか。南京錠などでも代用ができますが、取り外しの手間などを考えると本体に付いてた方が楽です。

ちなみにロックには「TSAロック」なるものがあります。アメリカの運輸保安庁から認可を受けたロックで、アメリカ旅行の際は手荷物や預け入れ荷物を目視チェックする事もあるので普通のロックは付けない事が求められていますが、TSAロックの場合は係官が専用の合鍵を持っているので、TSAロックの場合はロックが許されているようです。

 あとはエキスパンダブル機能と言って、ファスナーを緩める事でマチ幅を拡大できる機能があります。つまり旅行先などで荷物が増えた場合は、スーツケースの容量を大きくできる機能です。

これも非常に便利なので、特に旅行先でお土産などを沢山買うかも知れない方にはオススメですね。

 

さて、以上の5点を踏まえた上で、おすすめのスーツケースを紹介したいと思います。なるべく色んなタイプを満遍なく紹介していきます。

 

 ・おすすめのスーツケースブランド6選!

1.グリフィンランド

株式会社クギマチという老舗のブランド。

いろんなタイプのスーツケースが多いですが、どれも「安くて耐久性が高い」という事が挙げられます。耐久性テストが徹底されていて、その後のアフターサービスなんかも高評価ですね。

やっぱり日本のブランドなので日本人好みのデザインが多い点も特徴です。

 

2.サムソナイト

スーツケースでは全世界でシェアNo.1の非常に有名なブランド。

 値段は標準的ですが、耐久性、使いやすさ、そして「軽さ」という意味で、かなり高品質です。

まさに「王道」「オーソドックス」という言葉がピッタリです。

デザインもカッコいいものが多いです。いかにも「できるビジネスマン!」という雰囲気が漂うスーツケースが多いですね。

 

3.サンコー

こちらも非常に有名な日本のメーカーです。

値段は標準からちょっと高めですが、何より「軽い」というのが売りですね。とにかく軽量化に特化したスーツケースです。

もちろん軽くても容量が大きめで、しかも耐久性が高いのが特徴です。

デザインは爽やかでクールなスーツケースが多いです。涼し気なイメージがあります。

 

4.トラベルハウス

めちゃくちゃ安い激安スーツケースで知られるブランドです。ただし、やはり耐久性などは他社ブランドよりも落ちてしまいます。

普段は旅行に行かないけど一回だけ行く方や、安全な国内旅行でとりあえず荷物だけ詰めれれば良い、という場合にオススメですね。

デザインはほんと色々ありますね。ただちょっと質感もチープさが否めません。

 

5.アメリカンツーリスター

今めちゃくちゃ人気のブランド。サムソナイトの傘下です。

サムソナイトよりもかなりリーズナブルになって買いやすいにも関わらず、品質もかなりしっかりしていて、丈夫で基本性能が高いという感じです。

安くて良いスーツケースを探す場合には、かなり有力な候補になってくると思います。

 

6.レジェンドウォーカー

 数千円の安いスーツケースから、それなりの値段のスーツケースを幅広く出しているブランド。

どの価格帯もコスパが良く、評価が高くてリピーターも多いですね。

例えばスーツケースを立てかけるだけで自動的に重量を計算してくれるなど、痒い所に手が届く機能が付いたスーツケースもあります。

 

・まとめ

 以上、スーツケースの選び方と、おすすめのスーツケースのブランドを紹介して来ました。

ちなみに今回は「トゥミ」「リモワ」などの有名ブランドが紹介されてませんが、これらのブランドはかなり高級なので、敢えて今回はカットさせていただきました。

 この記事が皆さんのスーツケース選びの参考に何かしらなれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました!