Atrium.

昨日より少し広い世界へ。

ユダヤ人の商法が学べるビジネス書、おすすめ6選。

e3eb2b9ef79c59b1ea40d86b526d3529_s よく「ユダヤ人は金融で世界を支配している!」という話を聞きますが、実際はどうなのでしょうか。 結論から言うと、流石に世界を支配しているかどうかは分かりませんが、少数民族であるにも関わらず絶大な富を独占しているのは事実です。 そしてユダヤ人の間には、民族内の文化や家庭の教えなどによって、知っているのと知らないのとでは全然違うビジネスの教えが存在するのも事実です。 そこで今回は、ユダヤ人のビジネスの教えが学べる本をピックアップしたいと思います。  

 

ユダヤ商法

数多くの経営者が読み込んでいる名著。 ラビという世界に5000人しか居ないユダヤ人の宗教指導者で、ロスチャイルド基金からも支援を受け、同家の家訓にも詳しい著者が、ユダヤ人の教えの本質をズバリと説いています。 少し値が張る本ですが、これが一種の参入障壁なのでしょう。読み終われば「それだけの価値はあった」と納得できる内容になっています。  

 

ユダヤの商法―世界経済を動かす

日本マクドナルドの創業者・藤田田氏が書き、高校時代の孫正義氏が感銘を受け、藤田氏に直接面会を申し込んだという伝説の著作。 残念ながら今では再販もされず希少本となっていて、かなり値が張ります。しかしそれだけ読める人が少ないという事なので、読めば他の人にはない付加価値を手に入れられるわけです。 もっとも、人生を変える本だと思うので、それに対する投資としては安すぎるぐらいです。ぜひご一読いただきたい。  

 

ユダヤ人のビジネス教本―旧約聖書智慧を読み解く

ユダヤ人の文化やビジネスといえば、やはりユダヤ教の宗教的な部分と切り離せません。 この『ユダヤ人のビジネス教本』では、しっかりと聖書に基づいたユダヤ人のビジネス論を解説しています。 宗教や聖書というと少し抽象的なニュアンスが混ざりそうですが、この本ではしっかりと実用性を意識して書かれているのが凄いですね。  

 

ユダヤから学んだモノの売り方

ユダヤ系の外資系商社で”モノの売り方”を叩き込まれた著者が書いた本。 タイトルを見ると単にセールスのやり方に見えるかも知れませんが、それよりももっと深い「物を売ること」に対する考え方が得られます。 もちろん日本人の著者なりの噛み砕き方もされてるので、かなり実用的です。役に立たないワケがない一冊。  

 

ユダヤ 知的創造のルーツ

ユダヤ人のビジネス論といえば色々ありますが、こちらは知的創造、つまりクリエイティブな内容に迫ったものです。 ユダヤ人のビジネス論がすごいのは、他の民族の思想とは違い、クリエイティブで時代の変化にいち早く対応できるという事です。事実、ユダヤ人の中には何百年も前から「情報」を重視していた人達がいて、実際に現在のIT業界の著名人にもユダヤ人が多く居ます。 なぜ彼らがそこまでクリエティブになれるのか、という事を書いた本です。  

 

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣

ある日本人の青年がユダヤ人の大富豪に教えを受けながら成長していく物語。 単にビジネスの話だけでなく、人生論や生活全般に関する話が多いのも魅力ですね。 ストーリー仕立てでかなり内容が頭に入って来やすいです。入門書としてぜひおすすめです。  

 

・まとめ

以上、ユダヤ人のビジネスが学べる、おすすめの本を紹介して来ました。 ビジネス書全般に言える事ですが、実際に読んで「感銘を受けた!」というだけでは、何も変わらない場合が多いんですよね。 そういう意味でこの記事では、読んだだけで動き出したくなったり、実践している所のイメージが湧きやすいビジネス書を厳選しました。 実際に皆さんのビジネス観を一変させるものになれば幸いです!