黒瀬の書斎。

読んで面白かった本をメインに、お酒や家具についても語ります。

アサヒ、キリン、サントリーなど!主要5銘柄のビールの特徴を徹底解説!

f:id:kumakuma30:20210221154000j:plain

 おはようございます!今回は銘柄別にビールの特徴を紹介したいと思います!

これからビールを初めて飲むという学生さんや、それなりにビールを嗜んできたけど違いがイマイチわからない方などに参考にしていただきたいと思います!

ちなみに紹介する銘柄は5つで、アサヒやキリンなどの各メーカーから主要な銘柄をピックアップしました!

基本的にメーカーが同じならばビールの特徴もある程度は似ているので、主要なメーカーを押さえておけばそのメーカーのビールはある程度語れると思います。

ただしサッポロは黒ラベルヱビスで結構味が違うので二つ紹介しています。

それでは早速、それぞれのビールの特徴を紹介して行きたいと思います!

 

目次

 

1.アサヒ スーパードライ

 アサヒのスーパードライは、日本のビールの中でも最も売れているビールです(2019年時点)。

とにかく喉越しが別格に良いビールで、爽快感が凄まじいです。

ビールの楽しみ方は人ぞれぞれですが、「ビールは味よりも喉越しで味わうもの」という見方をする人が多いです。

その喉越しがスーパードライはずば抜けて良いです!喉にクッと流れ込んでくる感覚が堪りません。とにかく爽快感がありスッキリとします。

逆に言うと味は喉越しを活かすためにサッパリした感じで、香りもあまりしないので、それらを楽しみたい方には不向きなビールかも知れませんね。

余談ですが筆者が好きなのもこのスーパードライです。筆者のエネルギー源とも言えるビールなので、これが飲めないと本当に困ってしまいます。

 

2.キリン 一番搾り

キリンはビールの老舗メーカーで、世界でも幅広い人気を誇っています。

ラガーとどちらを紹介しようか迷いましたが、よりシェアの大きい一番搾りを紹介する事にしました。

一番搾り飲んだ時のインパクトが強いビールです。味にキレとコクがあり、ガツンと来ます。

スーパードライが喉越しを重視しているビールならば、こちらは味を重視しているビールだと言えます。

ちなみにラガーはより味のキレとコクがあり、インパクトが増したビールという印象です。一番搾りの特徴を強くした感じですね。

個人的にキリンビールは瓶で飲むと美味しさが倍増する気がします。旅館の風呂上がりなんかで飲むと風情が抜群です。

 

3.サントリー ザ・プレミアム・モルツ

プレミアム・モルツもかなり根強い人気を誇るビールですね。

特徴を一言で表すとフルーティで深みのあるビールという感じです。味はコクがあって旨味が詰まっていて、とても味わい深いです。

そして香りもフルーティで豊かで、夢見心地になるような香りがします。

爽快感もあるのですが、それ以上に「美味しい」という印象が強いビールです。

チビチビとじっくり味や香りを楽しみながら飲んでいくのがオススメです。

私も爽快感などよりじっくりとビールを味わいたい時に、このプレミアム・モルツを飲みます。本当に豊かでなんだか癒やされるような感じです。

 

4.サッポロ 黒ラベル

こちらも一部の人に非常に根強い人気があり、「ビールは黒ラベルしか飲まない!」という人がたまにいます。

印象を一言でいうと麦を活かしたビールという感じです。

麦の旨味が引き立っている味がしますし、香りも麦っぽくて心地よいです。

味と香りがよく、かつ程々にサッパリしている、そういったメリハリのあるビールですね。

個人的にはとても北海道の人が好んで飲んでいるイメージがあります。味もまさに北海道という感じで、飲むとまるで北海道の麦畑が脳裏に浮かぶようです。時間がなく北海道旅行がなかなかできない、という時にも気軽に北海道気分を味わえるビールだと思います。

 

5.サッポロ ヱビスビール

ヱビスビールは非常に万人受けするビールで、贈り物としても鉄板のビールです。

特徴を一言で言うとバランスよく高水準と言った感じです。

味も非常に美味しいですし、香りもよく、爽快感もあります。

祝い事などでよく飲まれますし、鍋にも本当に合うビールです。蟹やフグなど気合の入った鍋を食べる時にとてもオススメです。

余談ですが筆者もスーパードライと並んでこのヱビスビールが大好きです。もう飲めるというだけでワクワクしてしまいます。親戚や近所のおじいちゃんなどが好きなイメージがあり、どこか故郷を思い出して胸が震えるビールです。

 

・まとめ

以上、ビールの主要5銘柄を紹介させていただきました!

まぁちょっと主観的な評価も混じってしまいましたが、基本的に各ビールの特徴を表すとこんな感じです。もしビール談義のようなものが起きた時には、これらの特徴を言っておけば間違いないと思います。

やはりビールは少しセンセーショナルな話題ですからね。例えばプレモルが好きな人に「喉越しがいいですよね!」とか、スーパードライが好きな人に「味が良いですよね!」という的外れな事を言ってしまうと、ちょっとしたトラブルに発展する事もあるので気をつけたいです。

それにしてもビールは特徴がハッキリしてるのがいいです。その時々の気分やシチュエーションに合わせてピッタリのものを飲んでいただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!