人生を変えるかも知れない一冊

面白かった本の紹介と、ちょっと趣味の事とか。

【自宅筋トレ】懸垂におすすめ、チンニングスタンド4選!

f:id:kumakuma30:20170724221804j:plain

 

おはようございます。今回は自宅で懸垂をする時にオススメのチンニングスタンドを紹介していきたいなと思います。俗に言う懸垂マシン、ぶら下がり健康器とも呼ばれるやつです。

 

・選び方のコツ

「上半身のスクワット」とも言われる、上半身筋トレの王様・懸垂。

本当に広い範囲を効率良く鍛えられるので、ぜひともメニューに取り入れたいのですが、器具は慎重に選ばないと大怪我に繋がる恐れがあります。

なので、やはり耐荷重は高めのものを選んでください。

また、筋トレに限った話ではありませんが、初期投資にお金をかけるのは重要なのでケチらない事をオススメします。

長く使っていく事を考えれば簡単に元は取れますからね。逆に妥協して買ってしまうと長らく不満点が続いてしまい、結局は損になります。

それから使えるスペースにマッチしたものを買うというもの重要ですね。

なんだか当たり前の事ばかり書いてますが、早速おすすめの懸垂マシンを紹介して行こうと思います。

 

1.BODYROX - ドア ジム (door gym)

ドア枠に付けられるタイプでオススメなのがこれ。耐久重量120kg

繰り返しになりますが耐久重量は高めのものを選んでいただきたいので、120kgならよほど重たい人以外は大丈夫ではないかなと思います。

Amazonレビューでの評価も高く、「ビクともしない」「しっかりしている」という声が多いです。

また日本正規ブランドらしいので、そういう点も安心できるのではないかと思います。

 

 2.WASAI(ワサイ)ぶら下がり健康器 懸垂マシン 背筋運動 30W 筋肉伸ばし

懸垂マシンでは有名なWASAIブランド。

安さを重視するならコレが絶対オススメです。懸垂マシンと言えばどうしても1万円は超えてくるイメージでしたので、この価格で買えるようになったのは画期的です。

高さが190cmまでしか調節できないのが気になりますが、Amazonレビューを見ると170cmの方でも余裕で使えてるようなので、よほど長身の方以外は問題ないでしょう。

耐荷重も100kgと申し分なく、安全性に対する評価も高いですね。

 

3.stylishjapan(スタイリッシュジャパン) 新型 ぶら下がり健康器 懸垂トレーニング HGMC-0322

少し値が張りますが、懸垂以外にもディップス、プッシュアップ、レッグレイズができ、全身をムキムキに鍛えられるマシンです。

これだけの機能を他の器具で揃えようとすれば凄い値段が掛かるので、結果的にはメチャクチャお得です。

特にいま自重筋トレをしている人にはオススメで、器具を使うだけで全然負荷が違う事を味わっていただけると思います。

耐荷重は90kgで、前2つに比べると少し見劣りしますが、普通の人には十分すぎる耐久性となっております。

 

4.WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 筋のばし 懸垂トレーニング BS502

こちらもWASAIブランドで、上記の懸垂マシンと同じく全身を思いっきり鍛える事ができます。

耐荷重も120kgとかなり高く、とりあえずこれを選べば損はないかな、というマシンです。

やはり少し値が張るので、予算に合わせて買っていただきたいなというところです。

 

・まとめ

以上、おすすめの懸垂マシンを紹介してきました。

懸垂は私も一番好きなトレーニングで、他のメニューは苦痛という時でも懸垂だけは楽しくてできちゃうんですよね。

やはり背中に心地よい刺激が走るのはやみつきになります。

繰り返しになりますが、耐荷重を見て安全性には十分注意して欲しいなと思います。

また何か新しくて良いチンニングスタンドが発売されれば追記していきたいと思います。